最近チェッ
クしたもの
!

履歴ツールボックスにようこそ

お客様に快適にご利用いただくため、以前の検索から重要な情報を保存しました。

???private_mode_title???

???private_mode_text???

前回表示したタイヤ

閲覧した最後のディーラー

前回の検索

エコ・ファースト制度

日本ミシュランタイヤは、2009年3月9日に環境省が制度化している「エコ・ファースト企業」にタイヤ企業として初めて認定され、環境大臣に対し、「モビリティの発展と地球環境保全への取り組み」を宣言しました。

日本ミシュランタイヤ エコ・ファーストの約束

環境対応型製品(省燃費タイヤ)の市場投入を推進いたします
3Rの概念(Reduce, Reuse, Recycle)を尊重し、トラック、バス用タイヤにおいて“ミシュランの3R”を推進いたします。
設計、生産、輸送、再生等あらゆる事業活動からの環境負荷を低減し、環境意識の向上に努めます。

エコ・ファースト制度とは?

ECO FIRST

環境省が2008年4月に創設した制度で、企業の環境保全に関する行動を更に促進していくために、企業が環境大臣に対して自らの環境保全に関する取り組みを約束する制度のことです。

 

チャレンジビバンダム

チャレンジビバンダムは1998年にミシュランの提唱によって始まった、自動車、トラック、バス、二輪メーカー、学術関係者、部品メーカー、エネルギー会社、研究機関、政府関係者、NGO、そして持続可能なモビリティに関わるすべての人々が一同に会する大規模な国際的イベントです。

チャレンジビバンダムの明確な目標は、現在と同じ経済発展と移動の自由を維持しつつ、社会やエネルギー供給の問題に悪影響を与えないようにする、さまざまな種類の技術的ソリューションを実証することです。

チャレンジビバンダム

環境に関する国際規格を取得

ミシュランは生産工場が環境に及ぼす影響の低減に力を注いでいます。今日、世界各地で生産されているミシュランタイヤの95%が環境マネジメントシステムの国際規格である「ISO 14001」を取得している工場で生産されています。また、日本ミシュランタイヤ太田サイトは、2003年9月にこの「ISO14001」の認証を取得しています。これにより、同サイトが高水準の品質管理と環境保護への取組みを実践していることが、国際規格の認証という形で証明されています。