最近チェッ
クしたもの
!

履歴ツールボックスにようこそ

お客様に快適にご利用いただくため、以前の検索から重要な情報を保存しました。

???private_mode_title???

???private_mode_text???

前回表示したタイヤ

閲覧した最後のディーラー

前回の検索

2016/11/24

ミシュランタイヤ、自動車の国際デザインコンペ
「2017ミシュラン・チャレンジ・デザイン」
受賞作品を発表

~世界80カ国から1,600点を超える応募作品、
刺激的かつ革新的なデザイン性の高い作品で審査員を魅了~

ミシュランは「ル・マン2030:勝利へのデザイン」をテーマに開催された自動車の国際デザインコンペ「2017ミシュラン・チャレンジ・デザイン」の入選作品を発表しました。 本コンペは若いデザイナーを奨励・評価するために「ミシュラン・チャレンジ・デザイン」として2001年より開催しています。大手自動車メーカーの先進デザインリーダーが審査員を務めていることもあり、最も権威ある世界的なデザイン・コンペティションのひとつになっています。本コンペは耐久自動車レースの世界最高峰、ル・マン24時間のプロモーターであり主催者であるフランス西部自動車クラブ(ACO)と共同で実施したものです。

応募作品数は世界80カ国1,600点以上に上り、世界トップクラスの自動車デザイナーと業界エキスパートで構成される審査委員会が優秀作品を選出しました。入選作品はオーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、チェコ、インド、ポルトガル、ロシアなどの個人やデザイナー・チームが手掛けたものです。ミシュラン・チャレンジ・デザインには過去16年間で123カ国から合計9,901点もの応募が寄せられています。

北米ミシュランのマーケティング副社長トム・ローチは以下のように述べています。
「2030年のル・マン耐久レースをテーマとした2017ミシュラン・チャレンジ・デザインの入選作品には革新的な特長が数多くみられ、参加作品のクオリティには目を見張るものがありました。受賞者の皆さんが耐久自動車レースの世界最高峰、ル・マン24時間のために作り上げた、魅力的で示唆に富むデザインを高く評価します」

2017ミシュラン・チャレンジ・デザイン受賞作品

●1位:「Infiniti Le Mans 2030」Tao Ni (中国、蕪湖)

1位:「Infiniti Le Mans 2030」

●2位:「Bentley 9 Plus Michelin Battery Slick」Daniel Bacelar Pereira (ポルトガル、ヴィラ・レアル)

2位:「Bentley 9 Plus Michelin Battery Slick」

●3位:「Cierzo C1」Kurt Scanlan (カナダ、トロント)

3位:「Cierzo C1」

2017ミシュラン・チャレンジ・デザイン最終選考作品

●「Audi R28」 Mehdi Alamdari/Vahid Shahvirdi (オーストラリア、ビクトリア)

●「Embraer P1 Phenom Hybrid with Michelin Tire Wings」 Carlos Eduardo de Carvalho (ブラジル、サンパウロ)

●「Hydracross」Josh Gadomski (カナダ、オンタリオ州カレドン)

●「Bentley Speed X」Guilherme Kataoka/Luiz Ortega/Marcelo Toledo (ブラジル、サンパウロ)

●「Neuraura」Vruttant S. Phatak (インド、マハーラーシュトラ)

●「Bugatti Wimille」Vladislav Semenov/Maria Ryadno (ロシア、サンクトペテルブルグ)

●「Citroën C030 LMP1」David Voltner (チェコ、ズリーン)

ピエール・フィオンACO会長は以下のように述べています。
「車の性能を試される伝統あるル・マン24時間レースは、、最大の技術革新の場となっています。ミシュラン・チャレンジ・デザインは、ル・マン24時間レースの重要なパートナーのひとつであるミシュランと共に推進している革新的プロセスに合致するものです。2030年のル・マン24時間レースに出走する車を占うという意味でも、応募作品のクオリティを見れば、審査が難航したことは容易に想像できます。」

審査員コメント

Chris Chapman(ヒュンダイアメリカ・テクニカルセンター)

「数年前に審査員を務めた時と比較して、作品の質が一段と向上しています。このコンペティションは世界から注目を集めています」

永島譲二(BMWグループ・デザイン)

「作品のクオリティに大変驚きました。平均レベルそのものが非常に高くなっています」

Tom Peters(ゼネラルモーターズ)

「作品の創造性には驚異的なものがあります。クオリティのレベル、発想、テクノロジーの理解と解釈、そしてデザインの美しさをどのようにまとめるか。それが世界中から集まってくるところがル・マンたる所以なのです」

Gilles Vidal(PSA・プジョー・シトロエン)

「初めて審査員として参加しましたが、とても素晴らしかったです。才能のレベルが非常に高く、心から感銘を受けました。ハイレベルな専門技術と創造性、思考を備えた実に見事な作品が40~50点ありました」

Craig Metros(フォード・モーター)

「多くのデザインで包括的なアプローチが取られていました。車両からレーシングスーツ、レースの様子やグラフィクスまでを含めてストーリーを紡いでいます。単なるレースカーだけにとどまりません」

Bertrand Barre(グループ・ゼブラ)

「非常に素晴らしかったです。作品は丹念に作られ、感動的に仕上がっています。テーマは難解でしたが、レースを本当の意味で再考した作品レベルにとても驚いています」

Dave Marek(ホンダR&Dアメリカズ)

「ミシュラン・チャレンジ・デザインでは、自動車にまつわる特定のテーマについて世界的な動向をうかがい知ることができます。作品の多くがレースのブランドを向上させる方法を示しつつ、代替的な手法を模索していました。デザインコンペの本質には人的側面も含まれます。ドライビングの楽しさは決してなくなりません」

Richard Plavetich(日産デザインアメリカ)

「応募作品の良いところは、長い説明は一切せず、イメージにストーリーを語らせていることです」

Stewart Reed(審査委員長、アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン)

「今年の応募作品が、これまでで最もクオリティが高く素晴らしいものだったということは審査員全員が認めるところです。私たちは特出した創造性と芸術性を備えた作品を求めると同時に、車両開発の未来に関わる新しい技術を取り込んだものを、と考えていました。この場合の技術は新素材やシャーシダイナミクス、新しい動力伝達系、軽量構造、空気力学ですが、これらのトピックにすべて触れる提案が多数見受けられました」

優秀なエントリー作品が例年になく多かったため、審査委員会は以下の10作品を2017ミシュラン・チャレンジ・デザインの選外佳作に選出しました。


●「Bugatti Benoist」Samuel Marquez Arango(イタリア、トリノ)

●「Mercedes Benz Design to Win」Martin Chatelier(フランス、オー=ド=セーヌ)

●「Tesla LMPE」Jeroen Claus/Fabian Brees(ベルギー、アントワープ)

●「Audi Ayrus」Andhika Dimas Dwiputra/Freksa Arista Ihsan (インドネシア、ブカシ)

●「TOKON」Po-Sen Huang/Po-Yuan Huang(台湾、新北市)

●「ConverT」Minwoo Jeon/Donghun Nam(韓国、ソウル)

●「Faraday Future Singularity」Nicolas Francisco Loyola(イタリア、トリノ)

●「NEO」Miguel Ferreira Rodrigues(ポルトガル、コインブラ)

●「Renault Sun Run」Chirayu Shinde(インド、マハーラーシュトラ)

●「Appleone」Emre M. Yazici(トルコ、アンカラ)


受賞作品の画像はwww.michelinchallengedesign.comで、審査員のビデオはこちらから視聴できます。

1位から3位までの受賞者はミシュランのゲストとして北米国際オートショー(NAIAS)に招待されます。また、ミシュランのデザイナーズ・レセプションで表彰され、審査委員会メンバーとともに作品レビューに参加します。
1位入選者は2017ル・マン24時間レースで表彰されます。各受賞チームと最終選考カテゴリーの全メンバーは、ミシュラン・チャレンジ・デザインの受賞者と審査員限定のオンラインコミュニティに招待されます。

ミシュランについて

11万1,700人の従業員を擁し、170カ国で事業を展開するミシュランは、タイヤ製造の世界的なリーダーです。持続可能なモビリティの向上を常に追求し、五大陸17カ国の68カ所の製造拠点で、航空機、自動車、自転車、建設用機械、農業用機械、トラック、モーターサイクルなどのあらゆる種類のタイヤを製造し、販売しています。また、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図、ロードアトラスを発行するとともに、電子モビリティサポートサービスのViaMichelin.comを提供しています。研究開発は、ヨーロッパ、米国、アジアにあるテクノロジーセンターで行っています。