最近チェッ
クしたもの
!

履歴ツールボックスにようこそ

お客様に快適にご利用いただくため、以前の検索から重要な情報を保存しました。

???private_mode_title???

???private_mode_text???

前回表示したタイヤ

閲覧した最後のディーラー

前回の検索

2017/04/27

ミシュラン、グローバルサミット「ムービング・オン」
新名称でモントリオールにて6月開催

日本ミシュランタイヤ株式会社(本社:新宿区、代表取締役社長:ポール・ペリニオ、以下、ミシュラン)は、持続可能なモビリティをテーマとするグローバルサミット「ムービング・オン」を6月13~15日の3日間、カナダ最大の都市モントリオール市で開催します。2014年に中国・成都で開催された「ミシュラン・チャレンジ・ビバンダム」から名称を変更。大小さまざまな企業や科学学術団体、NGOなどが斬新なソリューションを展示します。

ミシュランは1992年に初の低燃費タイヤを発売して以来、「ヒトとモノのモビリティの発展に貢献する」という企業理念のもと、持続可能なモビリティの実現を訴えてきました。2015年11月の国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)では、当社タイヤの二酸化炭素排出量を2030年までに20%削減すると宣言しました。「ムービング・オン」のパートナー兼、開催地であるモントリオール市は、2020年までに1990年比で温室効果ガス排出量を30%削減する目標を掲げ、輸送機関の電化に取り組んでいます。ミシュランは官民のステークホルダーとの対話を通し、安全で信頼性の高いモビリティを創造していきます。

ミシュラングループの最高経営責任者ジャン=ドミニク・スナールは以下のように述べています。「ムービング・オンは『行動せよ』という号令です。仲間と一緒に発明や改善を進め、力を結集させることが重要です。持続可能なモビリティ実現を先導するモントリオール市に、モビリティを支える革新的技術が展示されるでしょう。研究者の創造力、経営者のスピード力、大手企業の技術力を取り込み、モビリティ業界を変革しましょう」

ミシュラングループについて

ミシュランはタイヤ業界のリーダーとしてモビリティの改善に注力し、お客様のニーズや使用条件に合ったタイヤ、モビリティ効率を高めるサービスやソリューションを設計、製造、販売しています。移動や旅の一助となる、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図も提供し、さらにモビリティ部門の製造業向けにハイテク部材も開発。クレルモン=フェランに本部を置き、171カ国に進出して111,700人の社員を雇用。17カ国で68工場を運営し、これらの工場で製造されたタイヤは2015年で1億8千4百万本に上ります。
www.michelin.com

モントリオール市について

モントリオール市はCOP21で新しいテクノロジーと輸送機関の電化に注力する革新的な都市として注目されました。充電スタンド網の整備や市保有の作業車両の電化などを進めており、気候変動との戦いにおいて、モントリオール市は世界の他の都市の見本となっています。2016年12月1日、モントリオール市はC40ネットワークのメンバーになりました。このネットワークには、気候変動の影響を受けている地域に具体的な解決策を探求するリーダーを担う90の大都市圏の地域が参画しています。