最近チェッ
クしたもの
!

履歴ツールボックスにようこそ

お客様に快適にご利用いただくため、以前の検索から重要な情報を保存しました。

???private_mode_title???

???private_mode_text???

前回表示したタイヤ

閲覧した最後のディーラー

前回の検索

2017/10/10

日本ミシュランタイヤ、広島県・愛媛県全域対象
「ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版」を来春発行

~「ミシュランガイド広島2013特別版」更新、愛媛県を新たに追加~

日本ミシュランタイヤ株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・ペリニオ)は、広島県・愛媛県全域で厳選した飲食店・レストランおよび宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版」を2018年春に発行します。

ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版
©MICHELIN

「ミシュランガイド広島2013特別版」は2013年に発行され、まもなく5年が経ちます。「ミシュランガイド北海道2012特別版」に続く国内2番目の特別版として、発行時に大きな話題となりました。広島県らしい味覚を堪能できる「穴子」や「牡蠣料理」、「お好み焼」という料理カテゴリーが世界のミシュランガイドで初めて登場し、バラエティーに富んだ多くの飲食店・レストランが掲載され、国内外で食を愛する人々に活用されています。

愛媛県は温暖な気候と豊かな自然に恵まれ、ミシュランが発行する外国人向け旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では道後温泉本館が三つ星(★★★)として掲載されています。また、東予エリアにある日本三大急潮流の来島海峡、中予エリアの瀬戸内海、南予エリアの黒潮が流れ込む宇和島は海の幸に恵まれ、種類豊富な柑橘類もあり、観光地としてだけでなく、食の面でも国内外の観光客を魅了しています。

近年、両県を同時に訪れる観光客が増えていることにも着目し、このたび、「ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版」を発行することを決定しました。愛媛県は国内のミシュランガイドで16エリア目となります。現在、ミシュランの社員であり、ホテルやレストラン業界の専門知識を持つミシュランガイドの専門調査員たちが、「ミシュランガイド広島2013特別版」の掲載店を全面的に再調査して見直すとともに、愛媛県の飲食店・レストランや宿泊施設を調査中です。

日本ミシュランタイヤ株式会社、代表取締役社長のポール・ペリニオは、以下のように述べています。 「広島県を対象としたミシュランガイドを再び発行し、さらに愛媛県の情報を新たに追加できることを大変うれしく思います。ミシュランガイドは、100年以上前、フランスのタイヤメーカーであるミシュランの創始者、ミシュラン兄弟の『車を使ってもっと遠出をしてほしい』『ドライバーの安全で快適な旅をサポートしたい』『人や物のモビリティに貢献したい』という思いによって発行されました。今も、ミシュラングループはその精神を受け継ぎ、ドライバーや旅行者を継続してサポートしています。昨今、日本を訪れる外国人観光客が増えています。『ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版』が、広島県と愛媛県を訪れる観光客のニーズに合うガイドブックとなり、両県の観光の活性化につながれば幸いです」

ミシュランについて

11万1,700人の従業員を擁し、170カ国で事業を展開するミシュランは、タイヤ製造の世界的なリーダーです。持続可能なモビリティの向上を常に追求し、5大陸17カ国の68カ所の製造拠点で、航空機、自動車、自転車、建設用機械、農業用機械、トラック、モーターサイクルなどのあらゆる種類のタイヤを製造し、販売しています。また、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図、ロードアトラスを発行するとともに、電子モビリティサポートサービス、ViaMichelin.comを提供しています。研究開発は、ヨーロッパ、米国と日本(群馬県太田市)などにあるテクノロジーセンターで行っています。

日本のミシュランについて

ミシュランの日本における歩みは、1964年9月17日、東京オリンピック開幕の23日前に開通した、浜松町・羽田空港間に新設されたモノレールへのミシュランスチールラジアル“X”タイヤの採用から始まりました。日本ミシュランタイヤの歴史は東京オリンピックとともに始まったといっても過言ではありません。日本ミシュランタイヤは、ミシュラングループの基礎研究と、日本・アジア地域の乗用車、ライトトラック用タイヤの開発を担うとともに、モーターサイクル用、乗用車・ライトトラック用、トラック・バス用から、航空機用、建設機械・農業機械用まで、幅広いレンジのタイヤを取り扱い、ガイドブック事業、ライセンス事業も展開しています。