最近チェッ
クしたもの
!

履歴ツールボックスにようこそ

お客様に快適にご利用いただくため、以前の検索から重要な情報を保存しました。

???private_mode_title???

???private_mode_text???

前回表示したタイヤ

閲覧した最後のディーラー

前回の検索

安全なドライブのために

安全運転のヒント

雨の日を安全に走るには?

タイヤの摩耗が進むと、特に雨の日の排水効果に大きな変化が見られるようになります。新品のタイヤは排水性が高く、きちんと路面をとらえることができます。しかし、摩耗したタイヤでは、タイヤが道路から浮き上がる、ハイドロプレーニング現象が起こりやすくなり、とても危険です。ドライブの前には、タイヤをしっかり確認するよう心がけましょう。

雨天時のブレーキング

  • クルマの空気抵抗が増えてしまうルーフキャリヤやルーフボックスなどは実際に使用しない時はこまめに外すと効果的です。

  • 急なアクセルのオンオフも燃費を悪化させる要因になります。

  • 駐車時は長期間アイドリングせずに、エンジンを切りましょう。パーキングゾーンで駐車する場合エンジンを切るようにすることで、不必要な燃料消費量を節約することができます。

空気圧が重要

事実:

低空気圧は、燃費悪化の最大の原因のひとつです

タイヤメンテナンス

  • 1ヶ月に1回は空気圧をチェックして、自動車メーカー指定の空気圧(標準指定空気圧)に合わせましょう。

エコドライブ

  • クルマの空気抵抗が増えてしまうルーフキャリヤやルーフボックスなどは実際に使用しない時はこまめに外すと効果的です。
  • 急なアクセルのオンオフも燃費を悪化させる要因になります。
  • 駐車時は長期間アイドリングせずに、エンジンを切りましょう。パーキングゾーンで駐車する場合エンジンを切るようにすることで、不必要な燃料消費量を節約することができます

省燃費タイヤを選ぶ

タイヤラベリング制度がスタートしました。
2010年1月から、タイヤの転がり抵抗性能とウェットグリップ性能を等級制度に基づき表示するラベリング(表示方法)制度がスタート。 低燃費タイヤの普及促進や、空気圧管理の重要性を啓発することで、CO2排出量削減に貢献していきたいと考えます。
さらにミシュランでは世界に先駆けて*環境対応タイヤの製品化を実現した高い技術力と豊富なノウハウを活かし、低燃費タイヤの開発に努めてまいります。
*1992年にヨーロッパで「ENERGY MXT」を発売、日本では、1993年に「MXGS」を発売。