最近チェッ
クしたもの
!

履歴ツールボックスにようこそ

お客様に快適にご利用いただくため、以前の検索から重要な情報を保存しました。

???private_mode_title???

???private_mode_text???

前回表示したタイヤ

閲覧した最後のディーラー

前回の検索

タイヤを上手にお使いいただくために

節約につながる

タイヤの空気圧チェック、タイヤローテーション、アライメント、日常点検などで、タイヤを長くご使用いただいけます。

空気圧管理について?

タイヤの空気圧は、定期的(最低1ヶ月に1度)に点検しましょう!

ご存知ですか?タイヤの空気圧は自然に低下します。空気圧が不足した状態のタイヤで走行すると、燃費の悪化、ハイドロプレーニング現象、操縦性や安定性の低下、タイヤトレッド部の偏摩耗など、さまざまな悪影響が現れます。さらには、たわみ運動量が増えてタイヤが異常に高温になり、バーストの危険性もあります。スペアタイヤも含め、すべてのタイヤの空気圧を定期的にチェックして、常に適正空気圧を保つようにしましょう。その際、空気圧の計測は必ず冷間時に行い、走行直後に空気圧を測ったり、空気を抜くことは絶対に避けてください。自分の車の*自動車メーカー指定の空気圧(標準指定空気圧)を確認しておきましょう。
*自動車メーカー指定の空気圧(標準指定空気圧)の見方の例。(車種によって異なります):

  • 車両の取扱説明書
  • 運転席側のドア付近
  • ガソリン給油口蓋の裏

空気圧の点検・調整?

  1. タイヤの空気圧(スペアタイヤを含む)を確認するときは、タイヤ販売店にて、エアゲージによる点検・調整を行ってください。
  2. 空気圧は、走行前のタイヤが冷えているときに、自動車メーカーの指定する空気圧に調整してください。
  3. 走行中は、タイヤの発熱により空気圧が高くなりますが、高くなった分は絶対に抜かないでください。タイヤが冷えると空気圧は元に戻ります。
  4. 空気圧点検後は、バルブからの空気漏れを防ぐため、バルブ口に石鹸水などをつけて空気が漏れていないことを確認の上、必ずバルブキャップをつけてください。
  5. 特に、偏平タイヤの空気圧不足は、見た目には分かりづらいため、必ずエアゲージで点検してください。

バルブ:知っておくべきことは?

バルブの役割とは?

  • タイヤの空気圧の適切な維持を保証します。
  • タイヤに湿気が入るのを防ぎます。
  • バルブのキャップは、塵芥が入ってバルブが詰まるのを防ぐうえで特に重要です。品質の高いキャップの使用をお奨めします。

老朽化と損傷

  • バルブは通常ゴムでできているため、時間と共に老朽化します。
  • 高速運転により損傷を受けることがあり、タイヤからの空気漏れの原因となります。

バルブはいつ交換すべきですか?

新しいタイヤを買うときは、常に交換します。

タイヤの上手な保管方法は?

タイヤは保管状態が悪いと劣化が促進されますので、長期保管には十分な配慮が必要です。特に直射日光、油類、熱源から避けて保管して下さい。また、ホイール付で保管する場合には、ゴムやコードの緊張状態を和らげるため空気圧は使用時の1/2程度にして保管することをお奨めします。 なお、タイヤ単体での横積みはタイヤサイド部分に負担がかかるため、縦に保管することをお奨めします。

タイヤの保管は次の事項を遵守してください。

1)直射日光、雨及び水、油類、ストーブ等の熱源及び電気火花の出る装置を避けて保管すること。

2)バルブにはバルブキャップを取付けて保管すること。す。