最近チェッ
クしたもの
!

履歴ツールボックスにようこそ

お客様に快適にご利用いただくため、以前の検索から重要な情報を保存しました。

???private_mode_title???

???private_mode_text???

前回表示したタイヤ

閲覧した最後のディーラー

前回の検索

2018/04/12

日本ミシュランタイヤ、
「ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版」を発表

~広島の三つ星は1軒、2013年から維持
愛媛は184軒の飲食店・レストラン、32軒の宿泊施設を掲載~

日本ミシュランタイヤ株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・ペリニオ)は本日、広島県と愛媛県の厳選した飲食店・レストランと宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版」を発表いたします。2013年に中国地方で初めて発行した「ミシュランガイド広島2013特別版」を全面改訂し、新たに愛媛県を加えました。広島県の掲載数302軒(飲食店・レストラン258軒、宿泊施設44軒)のうち91軒が新規掲載であり、日本料理の「なかしま」が前回から三つ星を維持しています。愛媛県の掲載数は216軒(飲食店・レストラン184軒、宿泊施設32軒)に上り、二つ星と一つ星の掲載店はすべて和食です。
※愛媛県の一部セレクションは4月10日(火)に先行発表しております。

書籍は4月16日(月)から全国の主要書店で発売します。このセレクションは、先行して本日15時30分より、国内の全ミシュランガイドのセレクションを無料で閲覧できるウェブサイト「ミシュランガイド公式リストbyクラブミシュラン」で公開いたします。

ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版
©MICHELIN

「ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版」
セレクション

広島県
三つ星(
1軒の飲食店・レストラン
二つ星(
4軒の飲食店・レストラン(2軒)、1軒の旅館(
一つ星(
30軒の飲食店・レストラン(11軒)
ビブグルマン(
50軒の飲食店・レストラン(14軒)
ミシュランプレート(
173軒の飲食店・レストラン(59軒)
宿泊施設
21軒の旅館(2軒)、23軒のホテル(3軒)
愛媛県
二つ星(
3 軒の飲食店・レストラン
一つ星(
10 軒の飲食店・レストラン
ビブグルマン(
22 軒の飲食店・レストラン
ミシュランプレート(
149 軒の飲食店・レストラン
宿泊施設
13 軒の旅館、19 軒のホテル
※  新規掲載の飲食店・レストラン、宿泊施設

料理の評価は、ミシュランガイド独自の5つの基準により、三つ星()「そのために旅行する価値のある卓越した料理」、二つ星()「遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理」、一つ星()「そのカテゴリーで特においしい料理」で表現しています。このほかに、ビブグルマン()「3,500円以下で特にコストパフォーマンスが高く良質な料理を提供するお店」、ミシュランプレート()「ミシュランの基準を満たした料理」のお店もあります。

今回のセレクションの特徴は以下の通りです。

【広島について】

  • 広島県を全面的に再調査し、日本料理の「なかしま」が2013年から三つ星を維持しました。
  • 二つ星5軒のうち新規掲載3軒は、日本料理の「料理屋 昇月庵」(広島市)と日本料理の「料理屋 そうびき」(東広島市)、旅館の「旅籠 桜」(廿日市市)でした。
  • 県内8市町村にある16軒が「お好み焼き」の料理カテゴリーとして掲載されました。また、広島ならではの「穴子料理」の飲食店・レストランも4軒(いずれも廿日市市)が掲載されています。

【愛媛について】

  • ミシュランガイド初の四国エリアからのセレクションに二つ星、一つ星で掲載された飲食店・レストランが計13軒ありました。
  • 和食店が圧倒的に多いセレクションになりました。二つ星3軒は、寿司の「くるますし」(松山市)と寿司の「鮨の間」(松山市)、日本料理の「和敬」(松山市)です。一つ星10軒もすべてが和食でした。

日本ミシュランタイヤ株式会社、代表取締役社長のポール・ペリニオは以下のように述べています。
「このたび、広島県を全面的に再調査し、魅力的な飲食店・レストランおよび宿泊施設を新たに多数掲載することができました。また、広島県としまなみ海道で結ばれる愛媛県のセレクションでも、素晴らしい飲食店・ レストランや宿泊施設を幅広く紹介しています。両県を訪れる観光客や、地元の方々に、このミシュランガイド を素晴らしい体験のおともにしていただけることを願っています。ミシュランは、これからもタイヤとガイドを通して旅する喜びを伝え、モビリティの向上に貢献し続けます」

ミシュランガイド総責任者のマイケル・エリスは以下のように述べています。
「広島県のガイドを再び発行することができ、大変うれしく思います。そして、瀬戸内海を挟んだ愛媛県を同時にご紹介できたことも感慨深いです。『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』でご紹介した瀬戸内の美しい景色だけでなく、温暖な内海から揚がる新鮮な魚介類などを使った料理は、国内外の観光客を魅了することでしょう」

「ミシュランガイド広島・愛媛2018 特別版」概要

【タイトル】
ミシュランガイド広島・愛媛2018 特別版
【発売日】
2018 年4 月16 日(月)※地域、書店により異なる場合があります
【定価】
本体2,700 円+税(税込2,916 円)
【ISBNコード】
978-4-904337-30-1
【発行】
日本ミシュランタイヤ株式会社

ミシュランガイド公式WEB サイト
「クラブミシュラン(Club MICHELIN)」について

株式会社ぐるなびと日本ミシュランタイヤ株式会社が運営しています。日本で発行されている全ミシュランガイドのセレクションが随時更新され、最新セレクションの閲覧・検索機能や、一部店舗のネット予約やぐるなびが提供するお店のこだわり情報、クラブミシュラン限定メニューなどの詳細かつリアルタイムな情報が活用できるサービスです。

クラブミシュラン
©MICHELIN/GURUNAVI

 

【アドレス】

http://clubmichelin.jp(PC & スマートフォン対応)

【主な機能】

ミシュランガイド掲載店の閲覧・検索、ブックマーク機能、専門のスタッフによるセレクション案内、予約代行コンシェルジュ、店舗情報メール送信機能、地図閲覧・印刷機能など

【価格】

レギュラー会員(324 円/月額、3,240 円/年額)※書籍購入者は2,160 円/年額(税込)
ゴールド会員(5,400 円/月額、16,200 円/年額)
※一部のサービス(予約代⾏コンシェルジュ、海外版ミシュランガイド)はゴールド会員のみ可能。レギュラー会員はオプション追加で利⽤可能。(予約代⾏コンシェルジュは2,160 円/月額、海外版ミシュランガイドは2,160 円/年額)。

【掲載ガイド】

日本で発行されているすべてのミシュランガイド、一部の海外版(パリ、ニューヨーク、香港・マカオ)

【国内掲載エリア】

北海道、東京、横浜、川崎、湘南、富山、石川、京都、大阪、奈良、兵庫、広島、福岡、佐賀、宮城、愛媛(2018年4月 現在)

ミシュランガイドについて

1900年8月、最初のミシュランガイドがフランスで発行されました。当初、ドライバーのために作成されたこのガイドには、タイヤの使い方と修理方法、自動車修理工場のリスト、ガソリンスタンド、ホテルやレストランなどの実用的な情報が掲載されていました。ミシュラン兄弟が目指したのは、自動車の活用を促進し、ひいてはタイヤ市場を発展させていくために、旅をより安全で楽しいものにすること、つまりモビリティを向上させることでした。これは現在も、タイヤはもちろん、ミシュランの地図、ガイドブックなど各種刊行物を含めた共通の目標になっています。

1911年にヨーロッパ中を網羅したガイドブックが完成し、1926年、「おいしい料理を星の数で表す」評価法がスタートしました。ミシュランガイドはまたたく間に美食ガイドの代表格となりました。2006 年、北米に進出してニューヨーク版、2007年にはサンフランシスコ、ラスベガス、シカゴ版が発行され、アジア初となる東京版もこの年に発行しました。その後も香港・マカオ版やリオデジャネイロ・サンパウロ版、シンガポール版、上海版、ソウル版、バンコク版、台北版など掲載エリアを拡大しています。日本では2009年、国内2番目となる京都・大阪版が発行され、東京版とともに毎年更新しています。

2012年以降にエリア全域を対象とする特別版として北海道版、広島版、福岡・佐賀版、横浜・川崎・湘南版、兵庫版、富山・石川(金沢)版、奈良版、宮城版(発行年度順)が登場しました。

ミシュランについて

11万1,700人の従業員を擁し、170カ国で事業を展開するミシュランは、タイヤ製造の世界的なリーダーです。持続可能なモビリティの向上を常に追求し、5大陸17カ国の68カ所の製造拠点で、航空機、自動車、自転車、建設用機械、農業用機械、トラック、モーターサイクルなどのあらゆる種類のタイヤを製造し、販売しています。また、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図、ロードアトラスを発行するとともに、電子モビリティサポートサービス、ViaMichelin.com を提供しています。研究開発は、ヨーロッパ、米国と日本(群馬県太田市)などにあるテクノロジーセンターで行っています。

日本のミシュランについて

ミシュランの日本における歩みは、1964年9月17日、東京オリンピック開幕の23日前に開通した、浜松町・羽田空港間に新設されたモノレールへのミシュランスチールラジアル“X”タイヤの採用から始まりました。日本ミシュランタイヤの歴史は東京オリンピックとともに始まったといっても過言ではありません。日本ミシュランタイヤは、ミシュラングループの基礎研究と、日本・アジア地域の乗用車、ライトトラック用タイヤの開発を担うとともに、モーターサイクル用、乗用車・ライトトラック用、トラック・バス用から、航空機用、建設機械・農業機械用まで、幅広いレンジのタイヤを取り扱い、ガイドブック事業、ライセンス事業も展開しています。