乗用車 背景 reglementation ヒント&アドバイス

ウィンタータイヤは何本装着すればよいか?

 多くのドライバーが、購入すべきウィンタータイヤの本数を迷っていらっしゃいます。2本か、4本か?あなたのお車に必要なウィンタータイヤの数はどちらでしょうか?

一般的な意見に反し、ミシュランでは常に4本のウィンタータイヤを装着することを推奨しています。

ぜひ、この機会にシンプルなルールを覚えてください:常に車には4本のウィンタータイヤを!

cjzy52pb20czw0qnzrh65xz1u bras bib hiver max

冬の安全は最優先事項です!

ウィンタータイヤの使用を決めたなら、あなたの車の車種(前輪駆動、後輪駆動、四輪駆動)に関わらず、4つすべてのホイールに同じウィンタータイヤを使用することを強く推奨します。それは、なぜでしょう?前後のホイールに別のタイヤを装着すると、バランスが崩れ、結果として安定しなくなります。

2つの前輪にのみウィンタータイヤを装着するのは危険ですか?

ウィンタータイヤを2本にするか、4本にするかで迷っていますか?もし、あなたが2つの前輪にのみウィンタータイヤを装着しようとしているのであれば、それは危険な判断だと言えます。
雪や氷の上を運転中には、車の後部がスリップする危険を免れません。また、加速時には、後輪のスリップがさらに深刻なものとなります。ウィンタードライブの経験が少ないドライバーにとっては、このスリップを制御するのは特に困難です。
また、後輪駆動車の前輪にウィンタータイヤを2本装着したとしても、走行性は改善しません。

2つの後輪にのみウィンタータイヤを装着するのは危険ですか?

車の後輪にのみウインタータイヤを装着することもまた、リスクを伴います。前輪に装着する場合とは異なり、この場合は、車両の前部でグリップ力が低下します。前輪と後輪のバランスが崩れることで、ハンドリングや制動に問題が発生します。
また、後輪駆動車の後輪にウィンタータイヤを2本装着したとしても、走行性は改善しません。

最も重要なことは冬場ならではの運転方法を理解すること

  • ウィンタードライブの前には、天候と走行条件を必ず確認しましょう。これにより、常に正しい判断ができて、危険を回避することができます。
  • 冬場の低温化ではウィンタータイヤは優れたグリップ力を発揮し、制動距離も短くなります。
  • ウインタータイヤを装着する時は、お車の種類に関わらず、2本ではなく、4本すべてウィンタータイヤでそろえましょう。
You are using an unsupported web browser
本ウェブサイトではサポートされていないウェブブラウザをお使いのようです。一部の機能が正常に作動しない場合があります。閲覧中に動作が不安定になる場合があります。このウェブサイトを最大限活用していただくため、以下のブラウザのいずれかを使用していただくか、アップグレードまたはインストールしてください
IE
firefox 66+
chrome 72+
edge 17+
safari 12+
opera 58+