乗用車 背景 reglementation ヒント&アドバイス

安全なウィンタードライブのための6つのヒント

雪道運転に関するミシュランのアドバイスを読んで、悪天候でも車を安定的にコントロールする方法を身につけましょう。この実践的ガイドでは、ミシュランがお勧めする冬向けの自動車アクセサリーや雪道運転に向けたタイヤの備え方もご紹介します。

ヒント1:タイヤの空気圧を調整する

ck1t42kte05so0jpkvh9v3m10 cjzsgqez707g00pp5ph60mlqq tiretips inflation 0 32 400 299 max max

 

気温が下がると、タイヤの空気圧も低下します。空気が適切に入ったタイヤは、より安全で燃費も向上するので、冬は必ずタイヤの空気圧を点検しましょう。

ヒント2:雪道運転の注意

慣れないドライバーにとって雪道の運転はストレスを感じるかもしれません。常に路面の状態に注意し、両手でハンドルを握って、車を安定的にコントロールしなければなりません。

2011年のモンテカルロラリーを制したフランス人レーシングドライバーのブライアン・ブフィエは次のように述べています:「雪道では、とにかく落ち着いて、ブレーキとアクセルは優しく踏むこと、前方を見て、いつもよりも停止距離を大きくとり、さらに言うまでもなく、スピードを落として運転することが最も重要です。」

クルーズコントロールは使用しないでください。この機能は滑りやすい路面を走行することを想定していないため、車がコントロールできなくなることがあるかもしれません。 

ヒント3:雪道運転に適したブレーキングを身につける

雪道ではいつもよりスピードを落とし、停止距離を大きくとりましょう。雪道では制動距離がいつもの4倍必要となります。そのため、上り坂でも、下り坂でも、前の車との車間距離を十分に確保しましょう。

2011年のモンテカルロラリーを制したフランス人レーシングドライバーのブライアン・ブフィエは次のように述べています:「ブレーキングのゴールデンルールは、焦らないこと。」

Michelin - Maîtriser le freinage

ヒント4:カーブでは、コントロールを維持

Michelin - Garder le contrôle en courbe

前輪駆動車の場合

  • カーブは見かけよりもずっと急なことがあります。カーブに近づいてきたら、ゆっくりとアクセルを放して、ブレーキを踏みます。こうすることで、タイヤのグリップ力を維持しながら、カーブを曲がり切ることができます。
  • カーブを曲がり切ったら、回転数を下げると、トラクションが改善します。


後輪駆動車の場合

  • 車の後部が横滑りしているように感じたら、アクセルとブレーキを丁寧に操作し、進行方向を確認しながら、同じ方向に曲がります。 

ヒント5:雪道運転での坂道発進

雪道では、ゆっくりと加速することが重要です。クラッチを徐々に解放することで、前輪がスリップするのを防ぐことができます。

四輪駆動車

四輪駆動車は、より効果的なトラクションが特徴です。四輪駆動車の9割は、夏タイヤでも坂道を上手く走行することができます。しかし、下り道になると、車の重心が前方に傾くため、問題が起こる場合があります。そのゆえ、四輪駆動車であっても、雪道運転の際にはウィンタータイヤを使用することをお勧めします。 

MICHELIN - Réussir son démarrage en côte

ヒント6:雪道運転 - マニュアル車とオートマチック車の違い

雪道運転は、運転する車がマニュアル車か、オートマチック車かによってもアプローチが異なります。マニュアル車であれば、ギアを上げることで、グリップ力が低下することを防ぎます。オートマチック車にはスノーモードが付いているものがあり、これはとても便利な機能です。雪道では、ESPを解除、クルーズコントロールのスイッチも切っておきましょう。

あなたに最適なミシュランタイヤを検索
You are using an unsupported web browser
本ウェブサイトではサポートされていないウェブブラウザをお使いのようです。一部の機能が正常に作動しない場合があります。閲覧中に動作が不安定になる場合があります。このウェブサイトを最大限活用していただくため、以下のブラウザのいずれかを使用していただくか、アップグレードまたはインストールしてください
IE
firefox 66+
chrome 72+
edge 17+
safari 12+
opera 58+