タイヤがパンクした・空気圧が足りない

症状:パンク

乗用車 エディット 画像 パンクしたタイヤ 安全運転のヒント

乗用車 エディット 画像 パンクしたタイヤ 安全運転のヒント

診断:修理が必要なタイヤの損傷
  • トレッドに限定された、最大6mmの釘穴や切り傷によるほとんどのパンクは、業界で認められた方法を使って、タイヤ販売店が行えば修理することができます。
  • .ホイールを外さないプラグのみの修理は信頼性が低く危険です。パンクした後は、タイヤの内部を点検しなければなりません。

解決法:
  • ラジアルタイヤ(ほとんどのタイヤ)の適切な修理として、タイヤのインナーライナーにゴムのパッチを貼り、穴にゴムの詰め物をするなどがあります。
  • トレッドのパンクが6mmを超える場合やサイドウォールがパンクした場合は、修理をしないでください。また、トレッド溝の深さが1.6mmを下回るほど摩耗しているタイヤの修理も依頼しないでください。
  • 損傷したタイヤをスペアタイヤに交換してください。ただし、スペアタイヤのサイドウォールをチェックし、適切な空気圧、速度、および走行距離の制限を満たしていることをまず確認してください。タイヤ販売店に車の点検を依頼してください。

 

症状:タイヤ空気圧が足りない

乗用車 エディット 画像 圧が足りないタイヤ 安全運転のヒント

乗用車 エディット 画像 圧が足りないタイヤ 安全運転のヒント

診断:空気圧不足
  • タイヤの外側エッジ(またはショルダー)のトレッド摩耗が進み、トレッドの寿命が縮みます
  • 過剰な熱が発生することで、タイヤの耐久性が低下し、タイヤの破損につながる可能性があります
  • 転がり抵抗が高くなり、燃費が悪くなります

解決法:

適正空気圧に達するまでタイヤに空気を入れてください(エアーゲージで測定)

適正空気圧を調べるには、車両のオーナーズマニュアルをご覧いただくか、ドアに貼られたステッカーで推奨空気圧を確認してください。

お問い合わせはこちら