サイドウォールが変形している場合

症状:くぼみ

乗用車 エディット 画像 くぼみ 安全運転のヒント

乗用車 エディット 画像 くぼみ 安全運転のヒント

診断:これは異常ではありません。標準的なラジアル構造のサイドウォールです。
  • ラジアルタイヤ(ほとんどのタイヤ)にくぼみができるのは当然のことであり、性能に影響はありません。
  • タイヤのサイドウォール構造では、互いに平行に配列された布製のコードがいくつかの層を成しています。(トレッドにはスティール製のコードが使用されています。)コードが重なっているところには、しばしばわずかなくぼみが出来ます。
     

症状:バルジ(膨らみ)またはバブル

乗用車 エディット 画像 バルジ バブル 安全運転のヒント

乗用車 エディット 画像 バルジ バブル 安全運転のヒント

診断:タイヤ内部のコード切れ

縁石やくぼみにタイヤが強くヒットした時に、タイヤ内部のコードが切れてサイドウォールの一部が膨れる損傷をピンチショックと呼びます。このまま走行し続けるとこの膨らみ部分が突然避けてバーストに至る危険性が高く、重大な事故に繋がる恐れがあります。

解決法:

すみやかにタイヤ交換を行ってください。

お問い合わせはこちら