ホイールアライメントの点検時期は?

横風がほとんどない状態で、真っすぐで平らな道を走行中、車両が左または右にかなり引っ張られることに気づいた場合、あるいはタイヤが異常に摩耗している場合、ホイールアライメントの調整が必要かもしれません。その場合は、ミシュランタイヤ販売店または信頼できる修理工場で、ホイールアライメントの点検を受けてください。これは簡単な作業で、フロントおよび/またはリアのサスペンション部品をわずかに調整する必要があるかもしれません。 ホイールのアライメントが適切に調整されていないと、タイヤが異常摩耗を起こしてしまう可能性があります。
ホイールアライメントは、サスペンションアライメントと呼ばれる場合もあります。

次の場合は必ず車のアライメントの点検を受けてください。

  • 車が何かにぶつかった(縁石、主な路上障害物など)。
  • タイヤの異常な摩耗や不均一な摩耗に気づいた。
  • 車が片側に引っ張られたり、流れたりするといった、ステアリングやハンドリングの問題に直面した。
  • 旋回後、ハンドルが簡単に戻らない。
  • まっすぐな道を運転中、ハンドルが傾いたままである。
  • 新しいタイヤを購入し、できるだけ長持ちさせたい時。
  • サスペンション部品またはステアリング部品を交換した時。

 

なぜホイールアライメントは重要なのでしょうか?

ホイールアライメントは、タイヤの摩耗、亀裂に対する耐久性に影響を及ぼす可能性があります。ほとんどの車両で行われる通常のアライメントは、摩耗や亀裂を最小限に抑え、ドライバーやパッセンジャーの乗り心地を最大限に高めることを目的としています。正しく4輪アライメントを行うと、タイヤの摩耗が減り、寿命が延びるとともに性能も向上し、燃費がよくなります。  また、ステアリングと安定性の問題を減らすことにより、ハンドリング性能と運転の安全性も高まります。

なぜアライメントのずれが起きるのでしょうか?

アライメントのずれは、縁石にぶつかったり、路面の穴を走行したりした場合や、事故など過酷な状況に遭遇した場合に発生する可能性があります。これにより、車両のサスペンションのアライメントが狂ってしまう恐れがあります。また、サスペンション部品が摩耗した場合やサスペンション部品の交換時に起こることもあります。ホイールアライメントが正しく行われていないと、タイヤ(特にエッジ)はすぐに摩耗し、ハンドリングにも悪影響を及ぼす可能性があります。したがって、タイヤは予定よりも早めに交換する必要があるということです。

ホイールアライメントかホイールバランス調整か?

ホイールアライメントとホイールバランス調整は混同されることが多いですが、全く別物です。ホイールアライメントはトラッキングとも呼ばれ、車両メーカーが規定するホイールの角度になるよう調整することです。一方、ホイールのバランス調整とは、ホイールが不要な振動を起こすことなく回転できるようにすることです。

 

わずかなアライメントのずれであっても、問題を引き起こします

正確なホイールアライメントの目的は、車のハンドリング性能を最大限に高め、タイヤの寿命をできるだけ長く延ばすことです。

正確なホイールアライメントの主な理由は次の通りです。

  • タイヤの交換回数が減るので、節約できます。
  • タイヤがさらに長持ちします。
  • 車のハンドリング性能が最大限に高まります。
  • タイヤの転がり抵抗が小さくなり、走行がよりスムーズになります。

 

ホイールアライメントの方法とは?

ホイールアライメントを補正するには、トーイン/トーアウト、キャンバーが規定値内に入るよう、ホイールの角度を調整する必要があります。アライメントでは主に、キャンバー、キャスター、トーの調整が行われます。

乗用車 エディット スキーマ ホイールアライメント チャンバー 安全運転のヒント

乗用車 エディット スキーマ ホイールアライメント チャンバー 安全運転のヒント

キャンバー

キャンバーとは、車を正面から見た時の、垂直方向に対するホイールの傾斜角のことです。ホイールが傾きすぎていると、不均一な摩耗が起こります。

  • ホイールの上部が車体の外側に傾いているのがポジティブキャンバーです。極端なポジティブキャンバーは、タイヤの外側エッジに摩耗を引き起こします。

  • ホイールの上部が車体の内側に傾いているのがネガティブキャンバーです。極端なネガティブキャンバーは、タイヤの内側エッジに摩耗を引き起こします。

キャンバー角は、各車がタイヤの直進性能と旋回性能を最大限に発揮できるように設計、調整されています。前輪のキャンバー角に極端な差があると、車は片側に引っ張られやすくなります。

乗用車 エディット スキーマ ホイールアライメント トー 安全運転のヒント

乗用車 エディット スキーマ ホイールアライメント トー 安全運転のヒント

トー

トーは車の中心線に対するタイヤの角度として測定されます。トーは通常、同一車軸上にあるホイールの前側と後側の距離差で表されます。

 

トーの設定は、車のハンドリング性能と直進安定性に影響を及ぼします。

  • トーインとは、車軸上のホイールの前側が後側よりも距離が狭い場合です。極端なトーインは、トレッドの外側エッジが摩耗しやすくなります。また、トレッドは羽状摩耗も起こします。タイヤのトレッドを断面方向に手でなでると分かります。
  • トーアウトとは、車軸上のホイールの後側が前側よりも距離が狭い場合です。極端なトーアウトは、トレッドの内側エッジが摩耗しやすくなります。また、トレッドは羽状摩耗も起こします。タイヤのトレッドを断面方向に手でなでると分かります。

お問い合わせはこちら