フォーミュラEとは

電力だけで走る電動フォーミュラカーによる国際レースシリーズです。様々な自動車メーカーが参加しており、すべてのレースは大都市の市街地で開催されています。タイヤはワンメイクで、ミシュランがその公式サプライヤーとして出場全車に一括供給しています。

フォーミュラEの出場車両

michelin 2021 fe guide whats fe page 01

電気自動車(EV)による世界最高峰のレースシリーズであるFIAフォーミュラE世界選手権。出場するのはF1などと同じシングルシーターのフォーミュラカーですが、搭載されるパワーユニット(動力源)はモーターのみで、走行のすべては電力によって行われます。

そのマシンの車体はワンメイクとなっており、2021年シーズンはスパーク SRT-05eというシャシーを出場全車が使用しています。また、車両に装着される前後ウイングなどの空力パーツやフロントサスペンション、そしてタイヤは、出場全車が同じものを使わなければならない規則になっています。

このため、フォーミュラEのマシンは出場全車が同じであるように見えます。しかし実際には、中身の動力系などの機構は各チームの車両によって異なっています。モーター・ジェネレーター・ユニット(MGU)、インバーター、ギアボックス、リアサスペンションなどは各チームが自由に開発することが可能となっており、これらの各領域において高度な技術競争が繰り広げられています。

MGUの最高出力は規則で定められており、予選では250kW(約335馬力)、決勝レースでは200kW(約270馬力)までとされています。その上で各チームは、限られた電力をいかに効率よく使用し、最高出力を使える時間をいかに長く取れるようにするか、といったところで切磋琢磨しています。

michelin 2021 fe guide whats fe page 02

フォーミュラEのレース形態

2021年シーズンのフォーミュラEの決勝レースは、出場全車が停止状態から一斉にスタートするスタンディングスタート方式で開始され、45分間+1周というレース長が標準となっています。2017-2018年シーズンまでは、使用車両のバッテリーの容量による制約から、決勝レース中に各ドライバーはもう一台のマシンに乗り換えるということが行われていました。しかし現在は、出場全車が使用するマクラーレン・アプライド・テクノロジーズ製54kWhバッテリーの大容量により、45分間のレースをノンストップで走り切れるものとなっています。なお、レース中のタイヤ交換は禁じられており、スタート時に装着していたタイヤで最後まで走り切らなければならないことになっています。

michelin 2021 fe guide whats fe page 03

フォーミュラEには決勝レースにおいて一時的により高い最高出力を使うことができる「アタックモード」というものがあり、通常のレースモードでの最高出力が200kW(約270馬力)であるのに対して、アタックモード使用時のMGUは235kW(約315馬力)までの出力を発生させることが可能となります。さらには、ファンの応援がドライバーへの直接的な後押しとなる「ファンブースト」という制度があるのもフォーミュラEの特徴です。これは、SNSによる人気投票でトップ5に入った5名のドライバーに限って、決勝レース中に一度だけ通常のレースモードより高いパワーを使えるというもの。フォーミュラEはこうした斬新なアイデアをいろいろ盛り込んだレースシリーズとなっています。

michelin 2021 fe guide whats fe page 04

2021年シーズン フォーミュラE公式タイヤ
MICHELIN PILOT SPORT EV

michelin 2021 fe guide whats fe page 05

michelin 2021 fe guide whats fe page chart1

フォーミュラEのタイヤはワンメイクであり、そのシリーズの発足当初からミシュランが唯一の公式サプライヤーを務めています。2021年シーズンは、開催全レースの全走行セッションにおいて出場全車の足元を支えるという重要な役割をミシュランが担う通算7度目のシーズンとなります。

公式タイヤサプライヤーが1社に限定されているだけでなく、使用できるタイヤそのものもフォーミュラEではシーズンを通じて1種類に限定されています。そこでミシュランはフォーミュラE専用のMICHELIN PILOT SPORT EVを開発し、すべてのレースにおける出場全車に同タイヤを供給しています。サイズは、フロント用が245/40R18、リア用が305/40R18です。

michelin 2021 fe guide whats fe page 06

・ドライでもウェットでも高性能を発揮

このフォーミュラE公式タイヤ MICHELIN PILOT SPORT EVは、ドライコンディションでもウェットコンディションでも等しく使用されるという、トップカテゴリーのレーシングタイヤとしては画期的な存在です。したがって、ドライのみならずウェットにおいても高い性能が求められることから、十分な排水性能を確保するためにフォーミュラE用MICHELIN PILOT SPORT EVはトレッドパターンを持っています。つまり、溝付きのレーシングタイヤであるわけですが、そのままドライコンディションで使用しても強力なグリップ力を発揮するという極めて懐の深いタイヤとなっています。

michelin 2021 fe guide whats fe page 07

・タイヤの使用条件がさらにシビアに

2021年シーズンのフォーミュラEにおいて、各レースウィークで各ドライバーが使用できるタイヤは6本(フロント3本/リア3本)までです。天候や路面コンディションに関係なく、フリー走行、予選、そして決勝レースというすべての走行セッションをこの本数でこなさなければならない規則になっています。ちなみに、2019-2020年シーズンまでの各レースウィークにおける使用可能本数は8本で、それでもかなり厳しい制約でしたが、この2021年シーズンではタイヤマネージメントがさらにシビアに求められることになりました。それは、ミシュランが供給するフォーミュラE公式タイヤ MICHELIN PILOT SPORT EVが、EVの最高峰レースシリーズにふさわしい高いグリップ性能を損なうことなく、より厳しくなった耐久性・耐摩耗性の条件をクリアする性能を備えるからこそ実現できたタイヤ本数削減でした。なお、フォーミュラEではひとつの週末に2レースを実施する大会があり、そこで使えるタイヤの数は8本までとなります。つまり、この場合は1レースのみが行われる大会よりもタイヤの使用条件がさらにシビアなものとなります。

・第一世代より約20%も軽量に

ミシュランが2021年シーズンのフォーミュラEに投入するMICHELIN PILOT SPORT EVは、第三世代のフォーミュラE公式タイヤです。様々な特性の舗装や路面のコンディションにおいて高いグリップ力を発揮できる性能を有しつつ、極めて低い転がり抵抗を実現させたタイヤとなっています。ミシュランはタイヤの軽量化にも努めており、この最新のフォーミュラE用MICHELIN PILOT SPORT EVは第一世代のMICHELIN PILOT SPORT EVに対して約20%も軽く仕上がっています。

michelin 2021 fe guide whats fe page 08

・フォーミュラカー用として画期的なリム径18インチ

F1をはじめとする大半のフォーミュラカーレースのタイヤはリム径が13インチですが、フォーミュラE公式タイヤ MICHELIN PILOT SPORT EVはリム径が18インチです。今日の一般車両でリム径13インチのタイヤを履くものはごく少数であるのに対して、18インチは広く普及しています。そこでミシュランはフォーミュラE公式タイヤサプライヤーの役を引き受けるにあたって18インチのリム径の採用を提案し採用されたものです。これによりミシュランは、フォーミュラEで磨いた技術を今日の標準的なサイズのストリート用タイヤに一層直接的に応用していくことが可能となっています。

・ストリート用に通じるトレッドパターン

同様のことがトレッドパターンにも言えます。現在販売されているストリート用MICHELIN PILOT SPORTのトレッドパターンは先にフォーミュラE用タイヤで開発されたデザインをベースにしています。このように、フォーミュラE用とストリート用のミシュランタイヤは様々な領域において技術的に深い連続性を持ったものとなっており、ミシュランは双方向の技術フィードバックを積極的に行って開発を進めています。

2021年シーズン フォーミュラEの見どころ

自動車業界が注目する先進的なEVレースであるフォーミュラEには、アウディ、BMW、DSオートモビル(シトロエン)、ジャガー、メルセデス・ベンツ、日産自動車、ルノーといった世界の名だたる自動車メーカーが実力派のレーシングチームと手を組んで出場しており、この2021年シーズンには12チームから24台/24名のマシン/ドライバーがシリーズ参戦します。

michelin 2021 fe guide whats fe page 09

発生音が小さい完全に電動のレーシングカーを使用することから、フォーミュラEには常設サーキットを持たない土地でも比較的容易にレースを開催することができるという特長があります。それを生かし、2021年シーズンもフォーミュラEは、ローマをはじめとする世界の名だたる大都市の市街地に特設コースを設けて行われるレースによって構成されるシリーズとなっています。

なお、過去6シーズンはFIA(国際自動車連盟)選手権として行われてきたフォーミュラEですが、この2021年シーズンからF1などと並ぶ世界選手権となり、名実ともに世界最高峰のEVレースシリーズとして開催されます。

michelin 2021 fe guide whats fe page chart2 resized

michelin 2021 fe guide whats fe page chart3

You are using an unsupported web browser
本ウェブサイトではサポートされていないウェブブラウザをお使いのようです。一部の機能が正常に作動しない場合があります。閲覧中に動作が不安定になる場合があります。このウェブサイトを最大限活用していただくため、以下のブラウザのいずれかを使用していただくか、アップグレードまたはインストールしてください