Formula E 2019-2020 ROUND 6-11
BERLIN

■Round 6:8月5日 ■Round 7:8月6日
■Round 8:8月8日 ■Round 9:8月9日
■Round 10:8月12日 ■Round 11:8月13日
■開催地:ベルリン・テンペルホフ空港特設サーキット(ドイツ)

9日間で6レースを一気にこなす最終決戦
DS Techeetahのダ・コスタがチャンピオンに輝く

電動フォーミュラカーによるFIAフォーミュラE選手権は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、3月以降に予定していた8レースをキャンセル。8月にドイツの首都ベルリンの空港跡地において、第6戦から第11戦までの6レースを9日間のうちに一気に開催してシリーズを決することとなりました。そして、このベルリン決戦の最初の2戦である第6戦と第7戦をDS Techeetahのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタが立て続けに制し、第9戦でも2位に入ったこのポルトガル人ドライバーが最終戦を待たずにシリーズチャンピオンに輝きました。

formula e rd6 11 2020 result 06 08

formula e rd6 11 2020 result 09 11

formula e rd6 11 2020 01

2019-2020年シーズンチャンピオン
アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DS Techeetah)

6シーズン目のフォーミュラEのチャンピオンとなったダ・コスタはこの8月31日に29歳の誕生日を迎えるポルトガル人ドライバー。フォーミュラEには最初の2014-2015年シーズンから参戦していますが、今シーズンはチャンピオンチームであるDS Techeetahに加入して飛躍。全11戦中、優勝3回、2位3回という見事な成績を残して自身初のフォーミュラEタイトルを獲得しました。また、DS Techeetahはこれで3シーズン連続で自チームのドライバーを王座に就かせることとなりました。

formula e rd6 11 2020 02

第6戦から第11戦までの6レースの舞台となったのはドイツの首都ベルリンにあるテンペルホフ空港跡地で、コンクリート敷きの一面に仕切りフェンスや縁石などを設けて作り出した特設コースで開催されました。路面は粗いコンクリートである上に、レーシングカーにとっては凹凸が激しく、タイヤにとても厳しい走行条件でした。

formula e rd6 11 2020 03

コロナ禍前の2月に行われた第5戦マラケッシュE-Prixで優勝を飾っていたダ・コスタは、5カ月以上のインターバルを不問とするパフォーマンスを見せ、このベルリンでの6連続レースのはじめの2戦を立て続けに制してシリーズ制覇に王手。そして第9戦を2位でフィニッシュし、自身初のFIA選手権タイトルを獲得しました。

formula e rd6 11 2020 04

2016年は日本のスーパーフォーミュラに参戦していたストフェル・ヴァンドーンは、フォーミュラEには昨シーズンから出場。今シーズンは、これがフォーミュラEでのデビューシーズンであったメルセデスベンツから参戦しましたが、シリーズ最終戦となった第11戦でドライバー、チームともに初となる優勝をマーク。ランキング2位に食い込みました。

formula e rd6 11 2020 05

過去2シーズンのフォーミュラEチャンピオンであるジャン-エリク・ベルニュは、今シーズンにおいても引き続き強さを発揮。このベルリン6連続レースの4戦目であった第9戦において優勝を果たし、ドライバーランキング3位を獲得しました。第9戦ではベルニュとダ・コスタのDS Techeetah勢が1-2フィニッシュを飾り、強さを示しました。

 

formula e rd6 11 2020 06

このベルリン大会では、第7戦で2位、第9戦で3位、そして第11戦でも3位に入るという安定的な好成績を記録したセバスチャン・ブエミ。ただし、今シーズンの彼は優勝には恵まれず、ランキングは4位となりました。日産のドライバーとして戦ったこのベルリン大会を終えると、ブエミはすぐにスパ・フランコルシャンへ向かい、今度はトヨタの一員としてWECスパ6時間を戦いました。

formula e rd6 11 2020 07

フル参戦2シーズン目のフォーミュラEを戦ったオリバー・ロウランドは、このベルリンでの第9戦でキャリア初優勝を挙げて一時はランキング2位に浮上。ただし、最終戦でのリタイアが響いて最終ランキングは5位となりました。ブエミとロウランドを擁したNissan e.damsはメルセデスベンツを10点差で抑えてチームランキング2位を獲得しました。

formula e rd6 11 2020 08

アンドレ・ロッテラーは、今シーズンからフォーミュラEに挑んできたWEC時代の古巣ポルシェのドライバーとなってフォーミュラE参戦3シーズン目に挑戦。このベルリン大会での1レース目であった第6戦での2位をはじめとして上位入賞を繰り返しました。しかしながら最終戦では14位に終わり、ドライバーランキングを5位から8位に下げてシーズンを終えました。

formula e rd6 11 2020 09

BMW i Andretti Motorsportは、BMWがアメリカの英雄マイケル・アンドレッティ率いるAndretti Motorsportと組んで組織したチーム。このベルリン大会ではマクシミリアン・グンターが第3戦サンチアゴE-Prixに続くシーズン2勝目を第8戦においてマークしました。最終戦でのグンターは12位となり、ドライバーランキングは9位となりました。

formula e rd6 11 2020 10

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて異例のレース開催形態でのフィナーレとなった2019-2020年シーズンでしたが、ミシュランは公式タイヤサプライヤーとしての仕事をしっかりと完遂。第3世代のフォーミュラEタイヤであるMICHELIN Pilot Sport Formula Eはベルリンの粗いコンクリート舗装でも高いパフォーマンスを発揮し続けて各ドライバーの走りを支えました。

You are using an unsupported web browser
本ウェブサイトではサポートされていないウェブブラウザをお使いのようです。一部の機能が正常に作動しない場合があります。閲覧中に動作が不安定になる場合があります。このウェブサイトを最大限活用していただくため、以下のブラウザのいずれかを使用していただくか、アップグレードまたはインストールしてください