wec2018 r5 00a

SHANGHAI

WEC 2018-2019 ROUND 5

■予選:11月17日/決勝:11月18日
■開催地:上海インターナショナル・サーキット(中国)
■レース時間:6時間

トヨタが今季4度目の1-2フィニッシュ
小林可夢偉組の7号車が2連勝を飾る

2年またぎの“スーパーシーズン”として開催されているWECの第5戦上海6時間は、大雨によって走行が中断される事態が2度も発生するレースとなりました。そうした悪天候のもとにもかかわらず、LMP1クラスにシリーズ参戦する唯一の自動車メーカーチームであるトヨタの2台のTS050ハイブリッドは熾烈なチームメイトバトルを繰り広げたすえに今季4度目となる1-2フィニッシュを達成。僚友車を1.419秒の僅差で下したマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ‐マリア・ロペス組の7号車が前戦の富士6時間に続く勝利を飾りました。

wec2018 r5 result

wec2018 r5 result

wec2018 r5 02

wec2018 r5 02

上海6時間 LMP1クラス優勝
No.7 トヨタ TS050ハイブリッド

5回目のセーフティカーランが解除された時点で、2台のトヨタTS050ハイブリッドの間にギャップはほとんどありませんでした。それでも、前を走る7号車をドライブしたマイク・コンウェイは、8号車を駆る中嶋一貴の追撃を巧みに押さえ切り、2戦連続となる優勝をもぎ取りました。

wec2018 r5 02

wec2018 r5 02

大雨のために赤旗が提示されて走行が中断されること2回、そしてセーフティカーが出ること5回を数えた今大会。その都度、各車が演じていたバトルは仕切り直しとなり、そして再び全力走行が始まると乏しい視界の中でミスを許されないシビアなドライビングが求められ続けるという、神経を磨り減らすような一戦となりました。なお、セーフティカーのポルシェ 911 ターボはミシュランの市販タイヤ MICHELIN Pilot Sportを履いており、4度のル・マン24時間総合優勝を誇るヤニック・ダルマスがそのドライバーを務めました。

wec2018 r5 03

wec2018 r5 03

4度目のセーフティカーランのときにトヨタは2台のTS050ハイブリッドのピットストップを1周ずらして行いました。その結果、セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ組の8号車はセーフティカー先導の隊列がホームストレートを通過するタイミングでピットアウトとなり、ピットレーンの出口がオープンとなるのを約25秒も待つことに。それによって望外のアドバンテージを得ることになったマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ‐マリア・ロペス組の7号車がシーズン2勝目を飾り、トヨタ勢同士によるチャンピオン争いを振り出しに戻した格好になりました。

wec2018 r5 04

wec2018 r5 04

性能調整によってプライベーターのLMP1マシン各車のパフォーマンスが上がり、SMPレーシングのBRエンジニアリング BR1・AERとレベリオン・レーシングのレベリオン R13・ギブソンは、唯一の自動車メーカーチームであるトヨタの2台にわずか1周の遅れで今大会をフィニッシュするまでになりました。そしてプライベーター同士のバトルはSMPレーシングが制し、元F1チャンピオンのジェンソン・バトンとヴィターリ・ペトロフ、そしてミカイル・アレシンのトリオが駆った11号車が3位でフィニッシュして表彰台を得ました。

wec2018 r5 05

wec2018 r5 05

GTマシンの上位クラスであるLMGTE Proクラスでは、アストンマーチン・レーシングが今シーズンから投入した新型アストンマーチン・ヴァンテージ AMRがついに優勝を飾りました。同車は雨の中で速さを見せ、マルコ・ソレンセンとニック・ティームのデンマーク人コンビが駆った95号車がレース終盤のNo.91 ポルシェ 911 RSRの追撃を振り切って今季初のファーストチェッカーを受けました。

wec2018 r5 06

wec2018 r5 06

リヒャルト・リーツ/ジャンマリア・ブルーニ組のNo.91 ポルシェ 911 RSRはレースも残り30分を切ったところでNo.97 アストンマーチン・ヴァンテージ AMRをかわして2位に浮上。さらに、レース序盤にNo.66 フォード GTと交錯して順位を落としていたミカエル・クリステンセン/ケヴァン・ウストル組のNo.92 ポルシェ 911 RSRもNo.97 アストンマーチンをかわし、ポルシェ GTチームが2位と3位を得る結果となりました。

wec2018 r5 07

wec2018 r5 07

今大会の開催4クラスには合計35台の車両が出場し、そのうち31台がミシュランタイヤを装着しました。今大会の決勝レースではWETとFULL WETという2種類のレインタイヤが全面的に使用されましたが、毎秒で最大120ℓもの排水能力を持つミシュランのレーシングレインタイヤは大雨の中でも確かなグリップとインフォメーションをドライバーに提供し続けました。なお、2018年中に行われるWECシリーズ戦はこの上海6時間までとなり、次戦となる第6戦は2019年3月にアメリカはフロリダ州のセブリングでの開催となります。

お問い合わせ

You are using an unsupported web browser
本ウェブサイトではサポートされていないウェブブラウザをお使いのようです。一部の機能が正常に作動しない場合があります。閲覧中に動作が不安定になる場合があります。このウェブサイトを最大限活用していただくため、以下のブラウザのいずれかを使用していただくか、アップグレードまたはインストールしてください
IE
firefox 66+
chrome 72+
edge 17+
safari 12+
opera 58+