wrc rd6 2019 00

CHILE

WRC 2019  ROUND 6

■5月9日〜12日
■開催国:チリ
■ステージ路面:グラベル

南米チリでWRCイベントが初開催
トヨタのタナックが完勝を果たす

2019年のWRC第6戦が南米のチリ共和国における初のWRCイベントとして開催され、トヨタのオィット・タナックがSS2を終えてラリーリーダーとなると、その後は一度も首位を譲ることなく走り切って完勝。今季2勝目をマークしました。事前テストが禁じられておりデータが非常に限られていた今大会でしたが、ミシュランタイヤは高いパフォーマンスを安定して発揮し、パートナーチーム各車の戦いを支えました。

wrc rd6 2019 result

wrc rd6 2019 result


ギャラリー

wrc rd6 2019 01

wrc rd6 2019 01

ラリー・チリ総合優勝
オィット・タナック(トヨタ・ヤリス WRC)

2週間前に行われた前戦ラリー・アルゼンチンではトラブルによって8位に沈んだタナックでしたが、同じ南米での今大会ではまったくのトラブルフリー。第2戦ラリー・スウェーデン以来となる優勝を飾り、ドライバー選手権ではランキング2位に再浮上しました。

wrc rd6 2019 02

wrc rd6 2019 02

WRC初開催となったチリ。1973年から行われているWRCにおいては32番目の開催国となりました。南米は秋であり、気温は8~18℃というレベルが通常の季節でした。スペシャルステージは17本/計304.81kmで、それらの大半は太平洋とリオ・ビオビオ川に挟まれた一帯に設けられ、美しい景観の中で熱戦が繰り広げられました。

wrc rd6 2019 03

wrc rd6 2019 03

ミシュランがワールドラリーカー各車に用意したタイヤは、ミディアムコンパウンドのMICHELIN LTX Force M6が28本、ハードコンパウンドのMICHELIN LTX Force H4が16本(ともにサイズは205/65R15)。各車のクルーは計44本のタイヤの中から、ラリー本番で使用する28本の組み合わせをスタート前に決めて競技に臨みました。

 

wrc rd6 2019 04

wrc rd6 2019 04

金曜日から始まったラリー本番に先立ち、木曜日の夜にはセレモニアルスタートが海沿いの町であるコンセプシオンの街中で行われ、おびただしい数の観客が押し寄せてWRC初開催を祝いました。

wrc rd6 2019 05

wrc rd6 2019 05

速さは明らかであるものの過去2戦は不運続きだったトヨタのオィット・タナックですが、今大会では盤石でした。序盤で首位に立ち一気にリードを広げると、ラリー中盤以降はペースをコントロール。WRCレギュラードライバーの誰ひとりも経験を持っていなかったこのラリーを圧倒的な内容で制しました。

wrc rd6 2019 06

wrc rd6 2019 06

ラリー後半はリスクを極力回避した走りとしたものの、上位5名にボーナスポイントが加算される最終ステージでは見事にトップタイムを叩き出してマキシマムポイントを得たタナック。ドライバー選手権では首位と10点差のランキング2位に再浮上しました。なお、今回のタナックの勝利によりミシュランのWRC通算勝数は333勝となりました。

wrc rd6 2019 07

wrc rd6 2019 07

シトロエンのセバスチャン・オジエは、苦戦を強いられた前戦ラリー・アルゼンチンよりは断然良い内容のラリーを戦いました。最後は、因縁のライバルであるセバスチャン・ローブの追撃を振り切って2位でフィニッシュ。ヒュンダイのティエリー・ヌービルが今回リタイアに終わったことも手伝って、オジエはランキング首位に再浮上しました。

wrc rd6 2019 08

wrc rd6 2019 08

今季4戦目の出場で、ぬかるんだ路面が待ち受けるグラベルラリーに出るのは実に6年ぶりとなったヒュンダイのセバスチャン・ローブでしたが、WRC史上最多勝ドライバーの面目躍如で、オジエを上回る4本のスペシャルステージでトップタイムをマーク。コンスタントに速かったオジエには届きませんでしたが、3位に入って今季初の表彰台に上りました。

wrc rd6 2019 09

wrc rd6 2019 09

Mスポーツ・フォードのエルフィン・エバンスは、ラリー序盤は滑りやすいコンディションに手を焼きましたが、乾いた路面が続く状況となったデイ2とデイ3では速さを見せて4位でフィニッシュ。チームメイトのティーム・スンニネンもシトロエンのエサペッカ・ラッピとのバトルを制して5位に続き、Mスポーツ・フォードとしては次に続く内容の一戦に。

wrc rd6 2019 10

wrc rd6 2019 10

WRCのレギュレーションでは、コスト抑制のためヨーロッパ域外の現地でテストを行うことを禁じており、初開催であった今大会のコースの路面の性質などの情報はミシュランにとっても非常に限られたものでした。それでもミシュランのWRC公式タイヤは高い性能を安定的に発揮し、パートナーチームからの信頼に確実に応えました。

お問い合わせ

You are using an unsupported web browser
本ウェブサイトではサポートされていないウェブブラウザをお使いのようです。一部の機能が正常に作動しない場合があります。閲覧中に動作が不安定になる場合があります。このウェブサイトを最大限活用していただくため、以下のブラウザのいずれかを使用していただくか、アップグレードまたはインストールしてください
IE
firefox 66+
chrome 72+
edge 17+
safari 12+
opera 58+