オフロードでの空気圧

空気圧

安全上の理由はもちろん、タイヤの寿命を最大限延ばすため、タイヤ空気圧が適正かどうかを常に確認することが大切です。 タイヤメーカーが推奨する空気圧を守って走行することにより、減速中や低速時など、直進やコーナリングでのハンドリング性能も大幅に向上します。 空気圧不足のタイヤで走行すると、タイヤの摩耗が早くなり、不可逆的な損傷を引き起こすおそれがあり、またリムロック(ビードストッパー)を使用していても、クリープ現象が生じるリスクやタイヤが脱落する可能性が大いに高まります。

オフロードタイヤについて推奨されている空気圧は、舗装路上で一定の走行距離、速度、荷重が設定された場合を想定して決められています。 タイヤ圧を上げるのは、やむを得ず公道を走る場合にして、長期間公道を走るのは避けてください。 空気はタイヤから次第に抜けていきます。走る前に、正しい手法で空気圧の点検を行うことが大切です。 点検後は、空気漏れがないよう、バブルコアを締め、さらにバブルキャップを忘れずに装着しましょう。

推奨空気圧

路面条件や天候、マシンの出力や乗り方によって適合した空気圧が変わります。ミシュランが推奨する空気圧は次の通りです。

バイク エディット - オフロードでの空気圧 ボード

バイク エディット - オフロードでの空気圧 ボード

ミシュラン ビブ・ムース: オフロード走行時のパンク対策の強い見方です!

バイク タイヤ ビブ・ムース 全体

バイク タイヤ ビブ・ムース 全体

クロスカントリー、ラリー、エンデューロ、MX用に開発されたミシュランのビブ・ムース。お使いの際は、次の点にご注意ください。

  • ミシュラン ビブ・ムースは非常に軽く、強化インナーチューブよりも軽量なことが特徴です。空気圧90kpaに相当する圧力を実現しつつ、パンクに関する欠点を克服します。
  • オフロードでのレジャーライドに最適なミシュラン ビブ・ムースは、ミシュランオリジナルタイヤと組み合わせてお使いください。

ミシュラン ビブ・ムースを使用したタイヤで走行できる最高速度は時速130kmです。ビブ・ムースにはNHSマーク(公道使用不可)がついているため、一般道路での走行はできませんのでご注意ください。

ミシュラン ビブ・ムースを30℃を超える場所での長期間保管は避けてください。また、原則として気温40℃を超える環境には適していません。

ミシュラン ビブ・ムースの使用期限は装着した日から最大6ヶ月となっています。激しい使い方をした場合には、使用期限は上記期間よりも短くなりますのでご注意ください。

高速走行の前には、控えめな速度での運転を行い、ミシュランタイヤおよびビブ・ムースが適温になるまで温めることをお勧めします。

新品あるいは中古品に関わらず、ミシュラン ビブ・ムースをタイヤに装着する際やタイヤから外す際には、ミシュラン特製ジェルのご使用をお勧めします。製品が必要以上に高温に達することを防ぎ、長持ちさせる効果があります。

bib-mousse.png

bib-mousse.png

Michelin Bib Mousseの画像

取り扱いと保管上の注意

タイヤは、極端な温度や多湿をさけ、風通しのよい、直射日光のあたらない場所で、かつタイヤの変質の原因となる溶剤、燃料などの化学薬品から離れた場所で保管してください。またタイヤの破損につながる尖ったもの(金属製の先端部品や木材など)や熱や電流を発生させるおそれのあるものの側では保管しないよう注意してください。

トライアルのヒント

トライアル用のタイヤは設計上、非常に装着しづらくなっています。強く押し込みすぎると、ビードを破損するおそれもあります。  リムフックの使用は、装着時の注意に従い、丁寧に行いましょう(潤滑剤を塗布し、リムの内側にビードを逆方向にしっかり支えます。ビードに過度の力を加えないよう注意しましょう)。  空気を充てんする際には、ビードとリムの間にゴムの輪を備え付けるか、トレッドの上から紐をつかって固定し、きちんと空気圧を注入するようにします。

タイヤの摩耗について

トレッドはタイヤの路面への密着性を保証する役割を果たしています。走行するうちにタイヤのグリップ力は減少していきます。タイヤの溝がすり減っていないか定期的に点検してください:溝の深さや目だって傷んだ箇所がないかを確認します。不適切な空気圧も、タイヤの消耗を促す原因となります。

同じサイズのタイヤでも、 そのタイヤの名称には2種類あります

要注意!同じサイズのタイヤでも、 タイヤの名称には2通りあるので十分にご注意ください。

 

  • 以前の表示方法:Enduro、Desert
  • 現行の表示方法:Starcross、AC10、Trial Light、Xlight

Enduro、Desert名称は、トレッドの位置におけるタイヤ幅を基準にしています。

Starcross、AC10 Trial Light、Xlightシリーズの名称は、サイドウォールの位置におけるタイヤ幅を基準にしています。

バイク エディット 表現 オフロード ニュース イベント

バイク エディット 表現 オフロード ニュース イベント

お問い合わせはこちら