タイヤの空気圧管理について

乗用車 エディット タイヤ空気圧 スモール2 安全運転のヒント

乗用車 エディット タイヤ空気圧 スモール2 安全運転のヒント

タイヤの空気圧は自然に低下します(一般的に1カ月間で10kPa)。さらに、次のような原因から生じる空気漏れにより、圧力低下が早まる可能性があります。

• 偶発的なパンク
• チューブレスバルブ:タイヤ交換時には必ず交換してください。
• バルブキャップ:完全な密閉性を保証するために不可欠です。
• ホイール:タイヤを取り付ける際は必ず清潔にしてください。
• 特に使用条件(荷重/速度など)に関しては、車両またはタイヤメーカーのアドバイスに従ってください。

• 冷間時(少なくとも走行後2時間後、または走り出した場合は低速でゆっくり走り、距離で3km以内)に空気圧を点検してください。
• 点検時にタイヤが熱い状態の場合は、 車両メーカーが推奨する空気圧に40~ 50kPa加算してください。冷間時に再度空気圧を点検してください。
• 熱い状態のタイヤの空気を抜くのは絶対にやめましょう。
• 窒素を入れたタイヤであっても、空気圧とタイヤ全体の状態は頻繁に点検してください。

正しく空気が入ったタイヤは、安全性を高め、燃費も良く、環境にも優しいです。

乗用車 エディット タイヤ空気圧 スモール 安全運転のヒント

乗用車 エディット タイヤ空気圧 スモール 安全運転のヒント

タイヤの空気圧を正しく保つことにより、維持費の削減につながります。空気圧不足のタイヤは、燃料消費を加速するとともに、摩耗もしやすくなります。同様に、空気圧過多の場合、タイヤの寿命が短くなり、グリップ力が下がり、ステアリングの問題も生じる可能性があります。

 摩耗
空気圧が20%不足しているタイヤは、耐用距離が20%短くなる可能性があります。つまり、本来なら耐用距離が40,000kmであるはずなのに、8,000km短くなるということです。

• 燃料消費量と二酸化炭素排出量。
タイヤ空気圧が低いと、燃料消費量、二酸化炭素排出量ともに増加します。

お問い合わせはこちら