SUPER GTとは

高度に開発されたGTマシンによって争われる日本で最も人気の高いレースシリーズです。
複数のタイヤメーカーによるハイレベルなタイヤ競争が行われており、その中でミシュランユーザーがトップカテゴリーのGT500クラスで4度もシリーズチャンピオンに輝いています。

世界最高レベルのタイヤ競争レース

SUPER GTは、市販のスポーツカーに準じて作られたレーシングカーであるGTマシンによって争われる、日本で独自に発展してきたレースシリーズです。GT500クラスとGT300クラスがあり、各レースではこの2つのクラスの車両が入り混じって走行しながらそれぞれのクラスにおける順位を争います。レースの途中ではドライバー交替を行わなければならないルールになっており、2名のドライバー(※長距離レースでは3名の場合もあります)が1台のマシンに交替で乗り込んでレースを戦います。

トップカテゴリーであるGT500クラスにはトヨタ、ホンダ、日産という日本の3大自動車メーカーが参加しています。この3社は技術的にとても高度なGT500専用マシンをそれぞれ独自に開発。そのマシンの供給を受けたレーシングチームがレースに出場しています。

supergt2021 about 01

supergt2021 about 02

激しいタイヤ競争があることはSUPER GTの大きな特徴のひとつです。2021年シーズンはミシュランを含む4社のものタイヤメーカーが参戦しており、それぞれ非常に高いレベルの開発を行いながら競い合っています。今日、タイヤ競争が激しく行われているトップレベルのレースシリーズは、世界的に見てもこのSUPER GTをおいて他にありません。その中でミシュランはパートナーチームとともに、トップカテゴリーであるGT500クラスのシリーズタイトルをこれまでに4度獲得(※1)。そして、GT500クラスにおける日産 GT-R勢が複数の異なるメーカーのタイヤを履き分ける状況が続く中で、ミシュランユーザーが過去10シーズンにわたって連続でGT-R勢のシリーズ最上位を獲得しており(※2)、ミシュランタイヤの優秀性を示し続けています。
(※1:2011年、2012年、2014年、2015年の各シーズン)
(※2:2011年シーズン〜2020年シーズン)

2021年のSUPER GTシリーズは、当初予定されていた海外戦の開催が新型コロナウイルス感染症の影響によって見送られ、全8戦のすべてが日本国内のサーキットで開催されるレース開催スケジュールとなっています。それでもSUPER GTは世界のタイヤ市場で覇を競い合う他社と高度なレベルで戦うことができる希少なモータースポーツシリーズであり、ミシュランはFIA世界選手権と同格の重要性を持つシリーズと位置づけてSUPER GTに参戦しています。

supergt2021 about 03

supergt2021 about 04

2021年シーズン SUPER GT ミシュランレーシングタイヤ

四輪のF1や二輪のMotoGP、あるいは日本のスーパーフォーミュラなど、世界の様々なモータースポーツの上位シリーズが昨今はタイヤについては開発競争のないワンメイク制度のもとで行われています。そうした中、4社のものタイヤメーカーが参戦しているSUPER GTは、今日のモータースポーツ界においては際立った存在であり、世界最高レベルのタイヤ競争が繰り広げられているレースシリーズとなっています。

そんなSUPER GTにミシュランは専用に開発した極めて先鋭的なレーシングタイヤを投入しています。特にトップカテゴリーであるGT500クラスで供給しているのは、当該シーズンにミシュランタイヤを履くマシンの特性や、各レースの開催サーキットのコースや路面の性質、レース開催時期に予測される路面温度などの条件、そしてパートナーチームとの協議のもと練った各レースにおけるタイヤ戦略の方向性などを加味して仕上げているもので、毎レース進化している非常にスペシャルなタイヤです。なお、SUPER GTで使用しているミシュランレーシングタイヤはすべて、ミシュランの本社があるフランスはクレルモン・フェランの工場で製造され、空路で日本へ運ばれたのち、各サーキットに送り込まれています。

supergt2021 about 05

supergt2021 about 06

タイヤのサイズはシーズンを通じて固定としており、2021年のGT500クラスにおいては、フロントタイヤには30/68-18、リアタイヤには31/71-18というサイズを使用しています。
(※ミシュランレーシングタイヤのサイズ表記はタイヤ幅 [cm]/タイヤ外径 [cm] −リム径 [インチ] )
(※ドライ用のスリックタイヤとウェット用のレインタイヤの双方のサイズに違いはありません)

2021年シーズン SUPER GTのタイヤ使用基本ルール

SUPER GTでは、各大会の現場に持ち込むことができるタイヤの本数に制限が設けられており、2021年シーズンの場合、300kmまでのレース距離の大会では、マシン1台につきドライコンディション用タイヤが7セット=28本まで、ウェットコンディション用タイヤが9セット=36本までとされています。一方、レース距離が300kmを超える大会については、持ち込み本数の上限はその都度定められます。なお、第1戦で優勝できなかったタイヤメーカーは、その次の大会から優勝を手にした大会までの間は1セット多い8セット=32本のドライ用タイヤを持ち込めることになっています。

・ドライコンディション用タイヤ

各大会の現場に持ち込まれるドライコンディション用タイヤのうち、実際の走行で使用することができるのは6セット=24本までとされています。それらのタイヤは、各レースウィークで最初の走行セッションとなる公式練習の前に各チームが指定し、使用タイヤであることを示すマーキングが施されます。

supergt2021 about 07

supergt2021 about 08

出場全車が出走するQ1(予選第1セッション)と、その上位8台(※GT500クラスの場合)の決勝スターティンググリッドを決めるQ2(予選第2セッション)という2段階の予選セッションがSUPER GTでは設けられていますが、ドライ用タイヤに関しては、決勝レースのスタート時に履くのは予選で使用したタイヤでなければならない規則になっています。惜しくもQ1で敗退してしまった場合は自ずとQ1での使用タイヤを履くことになります。一方、Q2に進出できた場合は予選使用タイヤを2セット持つことになりますが、そのどちらのセットを決勝スタート時に履くかは抽選によって決定されます。

決勝レース中のタイヤ交換の義務づけはされておらず、規則上はタイヤ無交換でレースを戦うことが可能です。ただし、トップカテゴリーのGT500クラスではドライバー交替(※義務づけあり)のためのピットストップの際にタイヤ交換も行うのが常道となっています。

・ウェットコンディション用タイヤ

公式練習やQ1とQ2の予選セッションにおけるウェット用タイヤは、路面がウェット状態であると競技長によって認定され「ウェット宣言」というものが発された場合に限って使うことができます。一方、決勝レースにおいては、ウェット宣言が出ていなくとも使用することが可能です。その際、各大会の現場に持ち込まれた9セット=36本までのウェット用タイヤのどのセット/タイヤを使うかは各チームが自由に決めることができます。

supergt2021 about 09

なお、ウェット用タイヤの溝(グルーブ)の面積はトレッド面の25%以上でなければならず、そのトレッドパターンはSUPER GTの運営団体であるGTA(GTアソシエイション)に事前登録されたものでなければならないことになっています。そして、各タイヤメーカーが登録できるウェット用タイヤのトレッドパターンは1サイズにつき1種類に限られ、各大会における公式な走行セッションで使うことができるウェット用タイヤは1種類(1サイズ&1パターン)に制限されています。

2021年シーズン SUPER GTの見どころ

2021年のSUPER GTシリーズにおいてミシュランはGT500クラスに参戦する2台の日産 GT-R NISMO GT500にタイヤ供給を行います。その内訳は、日産のワークスチームであるNISMOから出場するNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)と、GT500クラスには4年目の参戦となるNDDP RACING with B-MAXから出場のNo.3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(平手晃平/千代勝正)です。

supergt2021 about 10

supergt2021 about 11

松田次生とロニー・クインタレッリのコンビで8年目のシーズンとなるNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rは、2014年と2015年にミシュランタイヤを使用してGT500クラスのシリーズチャンピオンに輝いています。2020年はドライバーズランキングで6位、そしてGT500クラスに出場した4台の日産 GT-R勢では最上位を獲得しました。No.3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rは、2019年から同車を駆る平手晃平と、2016〜2018年、2020年の4シーズンにわたってミシュランタイヤ装着の日産 GT-RでGT500クラスを戦った経験を持つ千代勝正のコンビとなります。

2021年のGT500クラスには、トヨタ・GRスープラが6台、ホンダ NSX-GTが5台、日産 GT-R NISMO GT500が4台の計15台がシリーズ出場します。参戦タイヤメーカーは4社で、GT500クラスではブリヂストンが9台、横浜ゴムが2台、ダンロップが2台、そしてミシュランが2台にそれぞれタイヤ供給を行います。

supergt2021 about 12

supergt2021 about 13

タイヤメーカーであるミシュランとしてのSUPER GTにおける一番の目標はタイヤ競争において勝利することです。2021年のGT500クラスにおける2台のミシュランタイヤ装着車はともに日産 GT-R NISMO GT500であることから、同じ日産 GT-Rで競合他社のタイヤを履く車両を上回ってミシュランタイヤの優秀性を示すことを最大のターゲットとし、No.23 MOTUL AUTECH GT-RとNo.3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rの2台へのサポートを全力で行っています。

2021年 SUPER GT 開催スケジュール

supergt2021 chart1

2021年 SUPER GT GT500クラス出場チーム&ドライバーラインアップ

supergt2021 chart2

You are using an unsupported web browser
本ウェブサイトではサポートされていないウェブブラウザをお使いのようです。一部の機能が正常に作動しない場合があります。閲覧中に動作が不安定になる場合があります。このウェブサイトを最大限活用していただくため、以下のブラウザのいずれかを使用していただくか、アップグレードまたはインストールしてください