MICHELIN X-ICE
スペシャルページ

氷も雪も、全ての冬道に。
長く続く安心感を届けるスタッドレスタイヤ。

x ice snow 11

冬の道に強い、ミシュランの「止める力」。

冬の道では、「走る」以上に「止める」が重要になってきます。
開発テスト拠点を北海道の中でも冬の寒さが厳しい”士別市”に置き、氷上・雪上での走行テストを繰り返すことでアイスブレーキをはじめとする冬道でのトータルパフォーマンスに磨きをかけてきました。

MICHELIN X-ICE SNOW(ミシュラン エックスアイス スノー)

冬のドライブを変えていくMICHELIN X-ICE シリーズ。

冬道における安全性能はもちろんのこと、パフォーマンス向上を目指し、優れたトータルバランスを実現する。
MICHELIN X-ICEシリーズ はそんなミシュランの妥協なき開発精神から生まれました。

ミシュランのスタッドレスタイヤは

日本で入念なテストを経て誕生します。

xice shibetsu

スタッドレスの聖地 北海道“士別”でテスト

特別豪雪地帯に指定され、北海道の中でも冬の寒さが厳しい士別市。国内有数の自動車メーカーが冬季テストコースを所有するなど、その気候条件を利用したスタッドレスタイヤのテストが盛んに行われています。ミシュランも、この聖地“士別”を開発地に選びました。

日本で初めてスタッドレスタイヤを発売したのはミシュランです

x ice snow

スタッドレスタイヤの「 3つの力」のバランス

balance3forces

~スタッドレスタイヤの基礎知識~

冬の道がすべりやすいのは、タイヤと路面の間に水の膜や雪が入り込み、摩擦が小さくなってしまうため。
さらに日本の冬の道はアイスバーンからシャーベット路面、新雪までさまざまに変化します。
冬の道でタイヤがしっかり止まるためには、路面をひっかくエッジ効果、 水の膜を取り除き路面に密着するグリップ効果、雪を踏み固めて前進する雪踏み効果の 「3つの力」のバランスが大切です。

ツルツル路面[ 氷上]

凍った路面(アイスバーン)や、さらに鏡のようにツルツルですべりやすくなった路面(ミラーバーン)など、氷の路面は気温や時間帯などの条件によってさまざまに変化します。

xice summer tire on ice

水の膜ですべってしまう

タイヤと路面との間に水の膜が出来ることで、タイヤと路面の密着度が低く、すべる原因に。

xice studless tire on ice

スタッドレスタイヤならすべりにくい

水の膜を破り、しっかり除水&排水。タイヤと路面がしっかり密着して強力にグリップ!

フカフカ路面[ 雪上]

サラサラとしたパウダースノーが積もった新雪路面や、デコボコに形成された圧雪路など、雪上路面は積雪量や雪の種類によって変化します。

xice summer tire on snow

雪の中で空回りしてしまう

タイヤと路面の間に雪が入り込むことで、路面とタイヤの摩擦が小さくなり、空回りし、すべる原因に。

xice studless tire on snow

スタッドレスタイヤなら空回りしにくい

深溝構造のトレッドデザインが雪を踏み固め、さらに固めた雪を蹴りだすことで前進します。

X-ICEシリーズ ムービーギャラリー

MICHELIN X-ICE SNOW 「納得できるモノを選ぶ」とは?       整理収納アドバイザー Fujinaoさん篇

MICHELIN X-ICE SNOW「納得できるモノを選ぶ」とは? 篇

MICHELIN X-ICE SNOW ”冬の道に安心と安全を”

MICHELIN X-ICE SNOW 「冬の道に安心と安全を」  篇

MICHELIN X-ICE XI3 / Winter Safty 編

MICHELIN X-ICE XI3 / Winter Safty 編

studless performance

You are using an unsupported web browser
本ウェブサイトではサポートされていないウェブブラウザをお使いのようです。一部の機能が正常に作動しない場合があります。閲覧中に動作が不安定になる場合があります。このウェブサイトを最大限活用していただくため、以下のブラウザのいずれかを使用していただくか、アップグレードまたはインストールしてください