classic hero xtyres

MICHELIN X シリーズ

A Revolution in Tire Construction

革新的な構造により非常に優れたパフォーマンスを実現

当時、ラジアルカーカス構造を持つ「X」は技術面で大きくリードしていました。このラジアル構造はトレッド部とサイドウォール部がそれぞれ独立した動きができる分離独立構造が特徴です。

ミシュランのイノベーション

ミシュランが発明したラジアルタイヤは、1949年に「X」として初めて発売されました。当時、「X」を初めて採用した自動車メーカーはランチアでアウレリアに新車装着されました。1955年以降、ラジアルテクノロジーの需要は高まり、ヨーロッパの自動車メーカーはこぞってラジアルソリューションを採用していきました。「X」は2CVやビートルからメルセデス190SLやファセル・ヴェガまでさまざまなカテゴリーの自動車に装着可能です。

ラジアルテクノロジー

クロスプライタイヤと比較すると、ラジアルタイヤは以下の性能が向上しています:
● 安全性の向上(ロードホールディング、グリップ、ブレーキング)
● 経済性(タイヤ寿命、燃費が大幅に向上)
● サイドウォールの柔軟性により快適さが向上。
1950年代、ミシュランは公式にはレースに参加していませんでしたが、優れた性能を求め多くのレーシングドライバーが「X」を使用していました。

classic xtyres sizelist

classic xtyres sizelist

断面幅、外径はETRTO規格によるものです。実寸値とは異なる場合があります。サイズによっては、写真とトレッドパターンが若干異なる場合があります。サイズによっては、サイドウォールマーキングが異なる場合があります。○印はチューブタイプです。△印はチューブレスタイプです。当カタログ掲載品の生産・在庫状況によっては納期に時間がかかる場合がございます

お問い合わせはこちら