crossclimate hero
MICHELIN
CROSSCLIMATE
  • 3PMSF

    3PMSF

  • Mud and Snow

    Mud and Snow

  • サマー&スノー

    サマー&スノー

  • セダン
  • ステーションワゴン

MICHELIN CROSSCLIMATE

  • セダン
  • ステーションワゴン
  • 3PMSF

    3PMSF

  • Mud and Snow

    Mud and Snow

  • サマー&スノー

    サマー&スノー

雪も走れる夏タイヤ。
天候を問わない走り、
買い替え時まで続く安心感。

・雪上での安心性能
・サマーシーズンでの優れた安全性能
・夏タイヤと遜色ない静粛性

CROSSCLIMATEをお勧めする理由
 

雪上での安全性能

雪踏み効果を最大限に引き出すユニークなVシェイプトレッドパターン。

国際基準で定められたシビアスノータイヤ要件に適合、優れた雪上性能を誇り、高速道路冬用タイヤ規制でもチェーン不要で通行可能。タイヤにはシビアスノータイヤの証である3PMSF(スリー・ピーク・マウンテン・スノーフレークマーク)とM+Sマークが刻印されています。

crossclimate feature 01

サマーシーズンでの優れた安全性能

'幅広い温度域に対応するコンパウンドが様々な路面状況への接地効果を最大化。'Vシェイプトレッドパターンが発揮する高いウェットブレーキ・ハンドリング性能。
面取り加工のトレッドブロックがもたらす優れた安定性とドライブレーキ性能。

crossclimate feature 02

'夏タイヤと遜色ない静粛性

夏タイヤ性能は徹底的にキープ、夏タイヤと変わらないパターンノイズレベル(CC+:57.9dB (A) 対 弊社標準夏タイヤ:58.3dB (A)(*1)。
サイズの異なるブロックを組み合わせて配置する「バリアブルピッチ」により、人間の耳に不快な周波数の音を低減。
Vシェイプのトレッドパターンによりブロックが接地面に対して平行に当たるのを防ぐことでパターンノイズを低減。

'長期間ご使用いただけるから経済的

'ロングライフ性能は弊社スタンダード低燃費タイヤよりも向上。

crossclimate technology 01

crossclimate technology 02

crossclimate technology 03

cc tekigouhyou

試乗レポート

 

“雪も走れる夏タイヤ”の実力をドライ/ウェット/スノー路面で徹底インプレッション

 

pr banner

Q&A

スタッドレスタイヤとの性能的な違いは何ですか?

クロスクライメートシリーズは、欧州で冬季用タイヤとして走行性能基準が認められたタイヤに打刻されるスリーピーク・マウンテン・スノーフレークの表記があります。これは、雪上走行性能を可能にするマークとなりますが、スタッドレスタイヤとは性能上異なります。凍結路面の走行が想定される場合は、スタッドレスタイヤのご使用をお勧め致します。

 

クロスクライメートシリーズはどのようなコンディションで使用する事が出来ますか?

クロスクライメートシリーズは、欧州で冬季用タイヤとして走行性能基準が認められたタイヤに打刻されるスリーピーク・マウンテン・スノーフレークの表記があります。これは、雪上走行性能を可能にするマークとなりますが、スタッドレスタイヤとは性能上異なります。冬季における運転環境や旅行の予定等、ご使用の状況をご確認の上ご使用下さい。凍結路面のご使用の可能性がある場合は、スタッドレスタイヤのご使用をお勧め致します。

 

クロスクライメートシリーズは高速道路冬用タイヤ規制を走行出来ますか?

クロスクライメートシリーズ(クロスクライメート、クロスクライメート+(プラス)及びクロスクライメートSUV)は同規制においての走行が可能なタイヤです。

 

クロスクライメートシリーズはオールシーズンタイヤですか?

クロスクライメートシリーズは、サマータイヤとして求められるドライ路面、ウエット路面での高いブレーキングの性能を有しながら雪上を走ることができる新しいコンセプトのサマータイヤです。また、ロングライフ性能は弊社のMICHELIN ENERGY SAVER +よりさらに向上しました。 雪上の安全性に関して、クロスクライメートシリーズは、欧州で冬季用タイヤとして走行性能基準が認められたタイヤに打刻されるスリーピーク・マウンテン・スノーフレークの表記があります。これは、雪上走行性能を可能にするマークとなりますが、スタッドレスタイヤとは性能上異なります。

 

クロスクライメートとクロスクライメート+(プラス)の違いは何ですか?

大きく2つ違いがあり、1つはサイズ展開の違いがございます。14インチまでのサイズをクロスクライメート。15インチ以上はクロスクライメート+(プラス)の設定サイズとなります。SUVサイズに関しては、クロスクライメートSUVでの設定となります。 2つ目はコンパウンドの違いです。クロスクライメート+(プラス)とクロスクライメートはコンパウンドが異なります。

パーツオブザイヤー
年間大賞2年連続受賞!

パーツオブザイヤーとは、日本最大級のクルマSNSサイト「みんから」が集計しているパーツのランキングです。

ps4 minkara emblem 600 300px

エキスパートレビュー

MICHELIN CROSSCLIMATE - クロスクライメート

sato 20190620

ユーザーレビュー

review mrshimoda

review mrshimizu

review mrkanda

日本最大級のクルマSNSサイト みんカラ 

このタイヤを実際に装着されたユーザーの生の声を、こちらからチェック

このタイヤはあなたのクルマに適合しますか?

このタイヤでは1サイズがご利用いただけます

インチ

18''
225/55R18 102V XL AO
タイヤ幅 225
偏平率 55
インチ 18
荷重指数 102
速度記号 V
アウディ技術承認タイプ

本ページに使われているイメージについて

*1 [試験条件]

○タイヤサイズ:195/65R15 ○リムサイズ:6JX15 ○空気圧:230 kPa ○試験車両:フォルクスワーゲン ゴルフVII ○試験路面:スムースアスファルト ○試験方法:運転席の助手席側耳位置近傍に設置したマイクロフォンで定常走行における車内のA特性音圧レベルを測定 ○試験速度:60㎞/h ○試験結果:3回測定した平均値 ○試験場所:日本自動車研究所 城里テストセンター ○試験日:2018年9月10日 ※タイヤの表示に関する公正競争規定に定められた試験方法で試験を行っています。試験詳細条件、結果についてはタイヤ公正取引協議会に届け出てあります。 ※試験結果はあくまでテスト値であり、運転の仕方によって異なります。