MICHELIN POWER RANGES

サーキットからストリートまで

コンペティション、パフォーマンスそしてイノベーション。これは常にミシュランの歴史の一部です。ミシュランは、最も要求の厳しいモーターサイクル選手権に長きにわたり携わることで得た豊富な知識をもとに、2020年にハイパースポーツ・パフォーマンスタイヤのPOWERシリーズ(MICHELIN POWER SLICK 2, MICHELIN POWER CUP 2, MICHELIN POWER GP, MICHELIN POWER 5)を発売しました。

ハイパースポーツ・パフォーマンスタイヤシリーズ

正しいタイヤ選択を行うには、ライディングのタイプを知ることが重要です。ミシュランが開発したPOWERシリーズは、それぞれのタイヤに異なるテクノロジーが盛り込まれており、お客様のニーズに合ったタイヤをご提供しています。

MICHELIN POWER 5:

MICHELIN POWER 5(ミシュラン パワー ファイブ)は、安全性を妥協することなくストリートでライディングを楽しむために開発されました。

  • 独立したテスト機関によってそのパフォーマンスは認められており、濡れた路面での優れたグリップ力が評価され、数々の賞を受賞しています。
  • MICHELIN POWER 5は、HONDA CB1000Rの純正装着用タイヤとして採用されています。

MICHELIN POWER GP:

サーキット走行のためにタイヤを交換する必要はありません。MICHELIN POWER GP(ミシュラン パワー ジーピー)はストリートとサーキットで優れたパフォーマンスを両立するよう設計・開発されています。

  • ビギナーからベテランライダーまで。
  • MotoGP™で開発された2CTテクノロジーが高いグリップ性能を提供します。

MICHELIN POWER CUP 2:

サーキットで優れたパフォーマンスを発揮するよう設計されたMICHELIN POWER CUP 2(ミシュラン パワー カップ ツー)は、公道走行が可能でありストリートでも高いパフォーマンスを発揮します。

KTM Duke 890 Rの純正タイヤとして装着されています。

MICHELIN POWER SLICK 2:

サーキット走行用に開発されたスリックタイヤです。MICHELIN POWER SLICK 2(ミシュラン パワー スリック ツー)は、レーシングタイヤから受け継いだテクノロジーにより、優れたグリップ、ハンドリングと高い安定性を確保しています。

ご存じですか:

私たちミシュランは、可能な限り優れたパフォーマンスを得るために、常に新しいイノベーションを開発しています。MICHELIN POWERシリーズの各タイヤには、カーボンブラックコンパウンドとシリカコンパウンドが独自に配合されています。
シリカコンパウンドは濡れた路面でのグリップを向上させ、気温が低いときには優れたウォームアップ性能を発揮します。
一方カーボンブラックコンパウンドは、ドライコンディションでのグリップ力を最大限に高め、スポーツライディングによりタイヤに強い負荷がかかった場合の耐摩耗性を向上させます。
多くの革新的な技術が開発された背景には、新技術のテストフィールドでもあるモータースポーツにミシュランが長年携わってきた恩恵なのです。

ミシュランのモータースポーツの歴史

ミシュランは2016年に復帰して以来、MotoGP™クラスの公式サプライヤーとして全チームにタイヤを供給しています。それ以来、60のうち44のサーキットレコードを更新してきました。

michelin and motorcycle racing history

サーキット走行におけるタイヤとその他の詳しい情報は
こちらをクリック:Michelin Track Days(サーキット走行)

You are using an unsupported web browser
本ウェブサイトではサポートされていないウェブブラウザをお使いのようです。一部の機能が正常に作動しない場合があります。閲覧中に動作が不安定になる場合があります。このウェブサイトを最大限活用していただくため、以下のブラウザのいずれかを使用していただくか、アップグレードまたはインストールしてください