motogp 2019 rd10 hero

CZECH

MOTOGP 2019 ROUND 10

■予選:8月3日/決勝:8月4日
■開催地:オートモトドロム・ブルノ(チェコ)
■レース周回数:20周(108.06 km)

雨混じりのブルノでミシュランタイヤ全種類が活躍
マルケスが最高峰クラス通算50勝目を飾る

前戦から約1カ月の“夏休み”を挟んで開催された2019年MotoGP第10戦チェコGPは、予選も決勝レースも雨の影響を受けるものとなり、ミシュランが持ち込んだスリックタイヤとレインタイヤの双方が活躍した週末となりました。決勝レースは概ねドライという路面状況のもとで行われ、ホンダのマルク・マルケスがポールtoフィニッシュの形で制して今季6勝目をマーク。この勝利により彼の最高峰クラスにおける優勝回数は早くも50勝に達しました。

motogp 2019 rd10 result

motogp 2019 rd10 result

motogp 2019 rd10 01

motogp 2019 rd10 01

Marc Marquez (SPA) Repsol Honda Team Honda MotoGP GP Czech Republic 2019 (Circuit Brno) 02-04.08.2019 photo: MICHELIN

チェコGP優勝
マルク・マルケス(ホンダ RC213V)

雨上がりのドライコンディションとなった決勝レースを、フロントはハード、リアはソフトという組み合わせのMICHELIN Power Slickで戦ったマルケス。土曜日は雨の影響をずっと受けたため、各ライダーには今大会におけるドライ用のタイヤを理解する時間が十分にはありませんでしたが、その中でマルケスはリアにソフトを選んでレース序盤からプッシュしていくことを選択。一度も首位を譲ることなく優勝を飾り、「タイヤのスライドをよく感じ取ることができた」とミシュランタイヤを称賛しました。

motogp 2019 rd10 02

motogp 2019 rd10 02

MAVERICK VINALES SPA YAMAHA FACTORY RACING YAMAHA MotoGP GP Czech Republic 2019 (Circuit Brno) 02-04.08.2019 photo: MICHELIN

この週末のブルノ・サーキットは不安定な天候に見舞われ続け、土曜日の午前に行われた3回目のフリー走行や同日午後のフリー走行4回目、そしてQ1(予選第1セッション)は基本的にウェットコンディションでの走行に。各ライダーはMICHELIN Power Rainを使用して意欲的に走り込みました。

motogp 2019 rd10 03

motogp 2019 rd10 03

MARC MARQUEZ SPA REPSOL HONDA TEAM HONDA MotoGP GP Czech Republic 2019 (Circuit Brno) 02-04.08.2019 photo: MICHELIN

Q2(予選第2セッション)もすべてのライダーがMICHELIN Power Rainを履いて走行を開始しましたが、走行ラインはどんどん乾いていくという状況でした。そこで動いたのがマルケスで、フロントにミディアム、リアにソフトのMICHELIN Power Slickを履いてアタック。路面が濡れている区間がまだ至るところにある中で、2位に2秒以上の差をつける圧倒的な最速タイムを叩き出してポールポジションを奪いました。

motogp 2019 rd10 04

motogp 2019 rd10 04

Marc Marquez (SPA) Repsol Honda Team Honda MotoGP GP Czech Republic 2019 (Circuit Brno) 02-04.08.2019 photo: MICHELIN

日曜日の決勝レースはその直前に降雨があり、路面状況の改善を待つためにスタートは40分遅らせられました。そして、当初の予定より1周減らされ20周で行われたレースの前半は、ホンダのマルケス、ドゥカティのアンドレア・ドビツィオーゾ、スズキのアレックス・リンス、プラマック・ドゥカティのジャック・ミラーという4名がトップグループを形成して周回を続けました。

motogp 2019 rd10 05

motogp 2019 rd10 05

Marc Marquez (SPA) Repsol Honda Team Honda MotoGP GP Czech Republic 2019 (Circuit Brno) 02-04.08.2019 photo: MICHELIN

レース後半に入ると、首位を行くマルケスと2位を走るドビツィオーゾの間隔がじりじりと広がっていき、最終的にマルケスは独走状態に持ち込んでフィニッシュ。MotoGP通算50勝目を記録しました。なお、二輪ロードレースの最高峰クラスで50勝以上を飾ったライダーは、ジャコモ・アゴスチーニ、マイケル・ドゥーハン、バレンティーノ・ロッシ、そしてマルケスの4人だけです。

motogp 2019 rd10 06

motogp 2019 rd10 06

ANDREA DOVIZIOSO ITA Mission Winnow Ducati Team DUCATI MotoGP GP Czech Republic 2019 (Circuit Brno) 02-04.08.2019 photo: MICHELIN

ドビツィオーゾはポイントランキングではずっと2位につけているものの、このところ優勝はおろか表彰台に手を届かせることもできないレースが続いていました。今回のチェコGPでは、マルケスに対しては攻め手を欠いたものの、他のライバルたちは上回って2位を獲得。第6戦イタリアGP以来となる表彰台に上りました。

motogp 2019 rd10 07

motogp 2019 rd10 07

Marc Marquez (SPA) Repsol Honda Team Honda MotoGP GP Czech Republic 2019 (Circuit Brno) 02-04.08.2019 photo: MICHELIN

今大会は土曜日と日曜日が雨の影響を強く受けたことで、ドライ用とウェット用のすべてのタイヤが使用され、ミシュランとしてはデータを幅広く得ることができました。また、路面に濡れたところも残る中でMICHELIN Power Slickを履いてポールポジションを奪ったマルケスの走りは、難しいコンディションに柔軟に対応するミシュランタイヤのパフォーマンスの高さを強く示すものでした。

お問い合わせ

You are using an unsupported web browser
本ウェブサイトではサポートされていないウェブブラウザをお使いのようです。一部の機能が正常に作動しない場合があります。閲覧中に動作が不安定になる場合があります。このウェブサイトを最大限活用していただくため、以下のブラウザのいずれかを使用していただくか、アップグレードまたはインストールしてください
IE
firefox 66+
chrome 72+
edge 17+
safari 12+
opera 58+