motogp2018 r16 00a

JAPAN

MOTOGP 2018 ROUND 16

■予選:10月20日/決勝:10月21日
■開催地:ツインリンクもてぎ(日本)

ミシュラン時代に君臨し続けるマルケス
通算5回目のMotoGPチャンピオンに輝く

二輪ロードレースの世界最高峰シリーズであるMotoGPの日本ラウンドがツインリンクもてぎで開催され、ホンダのマルク・マルケスが優勝。この勝利によりマルケスは通算5回目のMotoGPタイトル獲得を決めました。この25歳のスペイン人ライダーはミシュランがMotoGPの公式タイヤサプライヤーとなった2016年以降は王座を一度も他のライダーに渡しておらず、これで3年連続の戴冠となりました。

motogp2018 r16 result

motogp2018 r16 result

racecard 2018 motogp

racecard 2018 motogp

motogp2018 r16 01

motogp2018 r16 01

日本GP優勝
マルク・マルケス(ホンダ RC213V)

優勝によって3年連続チャンピオンを決めたマルケス。レース後に彼は、「公式タイヤがミシュランになってから僕がずっとタイトルを獲り続けられているとい うことは、ミシュランタイヤが僕のライディングスタイルによく合っているということなのかもしれないね。タイヤのグリップをしっかり把握して、限界がどこ にあるのか、タイヤがどう機能するのかをよく理解しながら走ることができたよ」とコメントしました。

motogp2018 r16 02

motogp2018 r16 02

スタートでトップに立ったのは、ポールポジションから出たドゥカティのアンドレア・ドビツィオーゾでした。予選は転倒の影響で6位にとどまったマルケスも好スタートを決め、彼はオープニングラップをドビツィオーゾに続く2位で終了。タイトル争いを演じてきたふたりが、今回のレースでも激しく争う構図が早くもでき上がりました。

motogp2018 r16 03

motogp2018 r16 03

レース序盤は7人のライダーがトップグループを形成しましたが、やがてドビツィオーゾとマルケス、そしてカル・クラッチローが抜け出していきました。さら にレース中盤になるとクラッチローが徐々に遅れていき、ドビツィオーゾとマルケスがまたも一騎討ちを繰り広げる展開となりました。

motogp2018 r16 04

motogp2018 r16 04

24周のレースも残り4周を切ったところでマルケスがドビツィオーゾをかわしてトップに浮上。抜き返すべくマルケスをチャージし続けたドゥカティのイタリア人ライダーでしたが、残り1周半というところで痛恨の転倒を喫してしまいます。これで最終ラップは単独走行となったマルケスは、タイトル獲得を知らせるチェッカーフラッグを悠々とかいくぐりました。

motogp2018 r16 05

motogp2018 r16 05

ホンダのお膝元でタイトルを決めるのもこれで3回目となったマルケス。25歳にしてMotoGPで早くも5回目のチャンピオンに輝き、125cc、Moto2、そしてMotoGPと合わせるとこれで7回目の世界タイトル獲得となりました。

motogp2018 r16 06

motogp2018 r16 06

所属するのはサテライトチームのLCRですが契約先はホンダワークスであるクラッチローが今回は2位に入って今季3度目の表彰台を獲得。母国グランプリでホンダが1-2フィニッシュを決めることに貢献しました。

motogp2018 r16 07

motogp2018 r16 07

レース序盤から好位置を走ったスズキ勢。アンドレア・イアンノーネはマシンに発生したトラブルが原因で転倒してしまいましたが、アレックス・リンスは2位 クラッチローに迫り、0.147秒のわずかな差で届かなかったものの、スズキの母国グランプリで今季3度目の表彰台に上りました。

motogp2018 r16 08

motogp2018 r16 08

今回の日本GPを含めた環太平洋ラウンドでは、ヨーロッパラウンドで使用していたMotoGPタイヤサービスチームの移動式大型ワークショップが使用できません。ですが、ツインリンクもてぎには日本ミシュランタイヤのタイヤサービスガレージがあり、そこにMotoGPタイヤサービスチームの機材を入れて作業を展開しました。

motogp2018 r16 09

motogp2018 r16 09

昨年の日本GPはウェットコンディションでの開催でしたが、今年の決勝レースは気温23℃、路面温度35℃のドライコンディションに恵まれることに。結果的に、上位4人のライダーが前後に選んだタイヤの種類はすべて同じという比較的珍しいケースのレースとなりました。

motogp2018 r16 10

motogp2018 r16 10

日本ミシュランタイヤは今年の日本GPでもPRブースを展開。元250cc世界チャンピオンの原田哲也さんと500ccクラスで日本人史上最上位の世界ランキング2位に輝いた岡田忠之さんを特別ゲストに招いてのトークショーも実施するなど、MotoGP観戦に訪れたお客様に楽しんでいただける話題を提供しました。

お問い合わせ

You are using an unsupported web browser
本ウェブサイトではサポートされていないウェブブラウザをお使いのようです。一部の機能が正常に作動しない場合があります。閲覧中に動作が不安定になる場合があります。このウェブサイトを最大限活用していただくため、以下のブラウザのいずれかを使用していただくか、アップグレードまたはインストールしてください
IE
firefox 66+
chrome 72+
edge 17+
safari 12+
opera 58+