motogp 2019 rd17 hero

AUSTRALIA

MOTOGP 2019 ROUND 17

■予選:10月26日/決勝:10月27日
■開催地:フィリップアイランド・グランプリサーキット(オーストラリア)
■レース周回数:27周(120.096 km)

様々な天候のもとでミシュランタイヤ各種が活躍
今年度王者マルケスが今季11勝目を飾る

2019年MotoGP第17戦オーストラリアGPの週末は、激しい雨や強風、そして低温といった、タイヤに厳しい走行条件を課す様々な天候に見舞われましたが、ミシュランのMotoGP公式タイヤ各種が持ち前のパフォーマンスを存分に発揮する機会ともなりました。そして決勝レースはホンダのマルク・マルケスとヤマハのマーベリック・ビニャーレスの一騎討ちに。これを制した今シーズンのMotoGP王者マルケスが今季11勝目を獲得しました。なお、土曜午後にはタイヤテストのみを目的とした20分間の特別走行セッションが行われ、全MotoGPライダーが来シーズン向けにミシュランが開発中である新型の構造を盛り込んだリアタイヤの評価を行いました。

motogp 2019 rd17 result

motogp 2019 rd17 result

motogp 2019 rd17 01

motogp 2019 rd17 01

オーストラリアGP
No.12 M.ビニャーレス vs No.93 M.マルケス

レース終盤、上り勾配の第9コーナーを並走状態で抜けるマルケスとビニャーレス。最終ラップのこの同じポイントでは、先行したマルケスに再び追いつこうとしたビニャーレスがマシンの挙動を乱して転倒。マルケスが今シーズン11個目の勝利を手にしました。同時に彼はホンダ車で最高峰クラス55勝目を飾り、1994〜1998年500ccクラス王者のマイケル・ドゥーハンを抜いて歴代最多となりました。

motogp 2019 rd17 02

motogp 2019 rd17 02

今大会では、レースウィーク中としては例外的な、タイヤの評価テストのみを目的とした20分間の走行セッションが行われ、ミシュランが開発中である新型の構造を採用したMICHELIN Power Slickを全ライダーがテストしました。ここで得られた貴重なデータは、来シーズンのMotoGPに投入される新しいPower Slickに存分に生かされることになります。

motogp 2019 rd17 03

motogp 2019 rd17 03

気温16℃、路面温度30℃のドライコンディションで迎えた決勝レースでは、予選4位・セカンドロウからスタートしたヤマハのNo.46 バレンティーノ・ロッシが好ダッシュ。世界グランプリ出場400戦目の節目を今回迎えたこのイタリア人ライダーは4周目までトップを走り続けました。その後、彼は少しずつ順位を落としていき、8位でのフィニッシュとなりました。

motogp 2019 rd17 04

motogp 2019 rd17 04

10周目にNo.12 ビニャーレスが先頭に立ち、これにNo.93 マルケスが続くと、彼らふたりは後続を引き離しながらトップ争いを繰り広げることに。レース中盤から後半までの16周にわたってビニャーレスが首位を走りましたが、残り3周を切ったところでマルケスが前へ。ライバル追撃を図ったビニャーレスは最終ラップで転倒を喫してしまうことになり、マルケスが接戦を制しました。

motogp 2019 rd17 05

motogp 2019 rd17 05

レース序盤には6周にわたってトップを走行したLCR ホンダのカル・クラッチロー。マルケスとビニャーレスに先行された後は単独走行を続け、ビニャーレスの最終ラップでの転倒によって繰り上がって2位でフィニッシュ。今季3度目となる表彰台を獲得しました。これにより、今シーズンでは初めてホンダのライダーが決勝レースでトップ2を占める結果となりました。

motogp 2019 rd17 06

motogp 2019 rd17 06

3位に入ったのは地元オーストラリア出身であるプラマック・ドゥカティのNo.43 ジャック・ミラーで、母国グランプリで表彰台に上ることとなりました。また、写真でミラーの後方を走るアプリリア・レーシングチーム・グレシーニのNo.29 アンドレア・イアンノーネは、一時は2位を走るパフォーマンスを見せたすえに6位に入り、アプリリアのMotoGPベストリザルトを記録しました。

motogp 2019 rd17 07

motogp 2019 rd17 07

今大会では、金曜日に強い雨が降り、土曜日は強風に見舞われて午後の予選の実施が見合わされることに。予選は日曜日の朝のウォームアップセッション後に行われ、同日午後に決勝レースが開催されました。結果的に今大会では、スリックとレインのすべての種類のタイヤがいずれかのタイミングで使用され、ミシュランのMotoGP公式タイヤ各種のパフォーマンスが示されました。

お問い合わせ

You are using an unsupported web browser
本ウェブサイトではサポートされていないウェブブラウザをお使いのようです。一部の機能が正常に作動しない場合があります。閲覧中に動作が不安定になる場合があります。このウェブサイトを最大限活用していただくため、以下のブラウザのいずれかを使用していただくか、アップグレードまたはインストールしてください
IE
firefox 66+
chrome 72+
edge 17+
safari 12+
opera 58+