motogp2018 r7 00a

CATALUNYA

MOTOGP 2018 ROUND 7

■予選:6月16日/決勝:6月17日
■開催地:カタルニア・サーキット(スペイン)

ロレンソがポールtoフィニッシュで
ドゥカティ加入後初の2連勝を飾る

2018年MotoGP第7戦カタルニアGPが開催され、ポールポジションからスタートしたドゥカティのホルヘ・ロレンソが優勝。前戦イタリアGPに続く2連勝を飾りました。2位にはホンダのマルク・マルケスが入ってポイントランキング首位を堅守。そしてヤマハのバレンティーノ・ロッシが3戦連続・今季4度目となる3位表彰台を獲得しました。

motogp2018 r7 result

motogp2018 r7 result

racecard 2018 motogp

racecard 2018 motogp

motogp2018 r7 01

motogp2018 r7 01

カタルニアGP優勝
ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ・デスモセディッチGP18)

彼本来の速さを完全に取り戻した感のロレンソ。今大会の予選では、ドゥカティに加入してからは初となるポールポジションを獲得。決勝レースにおいても、オープニングラップでトップに立つと、マルク・マルケスの懸命の追走も寄せ付けずに逃げ切り、ヤマハ時代の2016年以来となる2連勝を飾りました。

motogp2018 r7 02

motogp2018 r7 02

ロレンソはスタートにやや失敗し、マルケスとスズキのアンドレア・イアンノーネが先行。イアンノーネはトップ奪取を狙ってマルケスに果敢に仕掛けていきましたが、突っ込みすぎて後退します。そのおかげで労せず2位に浮上することができたロレンソは、急速にマルケスの背後に迫り、2周目に入るメインストレートでライバルをパス、首位に浮上していきました.。

motogp2018 r7 03

motogp2018 r7 03

「僕らのマシンはタイヤに優しく、それが強力なアドバンテージになっている。現在の僕らのマシンは、ドゥカティのMotoGPの歴史の中で最も完成された戦闘力の高いパッケージになっていると思う」と語ったロレンソ。事実、今大会における彼はフロント、リアともにソフトタイヤを使用し、それでいて最後までほとんどペースを落とすことなく走り切ってMotoGP通算46勝目を手にしました。

motogp2018 r7 04

motogp2018 r7 04

ロレンソ(写真左)に先行されてからも彼の背後に食い下がり続けたマルケス(写真右)でしたが、再接近することはできず、6歳年上の同胞の先輩ライダーに今回は完敗を喫した格好になりました。しかし、首位を走るポイントランキングではそのリードをさらに広げることに成功しました。

motogp2018 r7 05

motogp2018 r7 05

ロレンソとマルケスのふたりには届きませんでしたが、ロッシは4位以下のグループを寄せ付けることなく3位でフィニッシュ。今季4度目の表彰台に上り、ポイントランキングでは2位をキープしています。

motogp2018 r7 06

motogp2018 r7 06

MotoGPフル参戦1年目の日本人ライダーである中上貴晶。今回は初めてQ1(予選第1セッション)を突破してQ2(予選第2セッション)に進出して予選12位に。しかしながら、決勝レースではKTMのブラッドリー・スミスのインを突いたところで転倒。スミスを巻き込んでしまう形となって、両者リタイアとなりました。

motogp2018 r7 07

motogp2018 r7 07

カタルニア・サーキットはオフシーズン中に路面が再舗装され、新しい路面のデータが限られていた中で適切なタイヤを用意しなければならないという難しさがミシュランにはありました。そして決勝レースは、前後タイヤをともにソフトとしたロレンソと前後にハードを履いたマルケスがわずか4.479秒の違いで相次いでゴールする結果となり、ライディングスタイルやマシンの特性の違いに幅広く対応するミシュランタイヤの総合性能の高さが今回も強力に示される格好になりました。

お問い合わせ

You are using an unsupported web browser
本ウェブサイトではサポートされていないウェブブラウザをお使いのようです。一部の機能が正常に作動しない場合があります。閲覧中に動作が不安定になる場合があります。このウェブサイトを最大限活用していただくため、以下のブラウザのいずれかを使用していただくか、アップグレードまたはインストールしてください
IE
firefox 66+
chrome 72+
edge 17+
safari 12+
opera 58+