csr header

Corporate Social Responsibility(CSR)and Creating Shared Value(CSV)


Corporate Social Responsibility(以下CSR)は、企業の社会的責任です。ミシュランは利益を追求するだけでなく、社会へ与える影響に責任をもち、すべての利害関係者(投資家、顧客、取引先、従業員、社会全体)からの要求に適切な意思決定を行います。
さらに、自社が持つ強み(経営資源や専門性など)を活かし、社会的な課題を解決することで、当社の持続的な成長へとつなげていく、Creating Shared Value(以下CSV)という視点に立ち、事業展開をしています。

すべてを持続可能に

1889年の創業以来、130年以上前から変わらないミシュランの使命は「モビリティへの貢献」です。モビリティは人と経済が発展していくため欠かすことのできない大切な要素であり、ミシュランは、モビリティをより安全に、便利に、さらに環境に優しいものにするためのイノベーションに情熱を注ぎます。ミシュランはタイヤ事業を核としながら、タイヤ関連サービス&ソリューション、エクスペリエンス、ハイテク素材の4つを柱とし、今後もヒトとモノのモビリティへ貢献していきます。

00300731 web

00300731 web

VISION(ビジョン)コンセプト

持続可能なモビリティを具現化するため、ミシュランの経営・開発戦略として、2017年にVISIONコンセプトを発表しました。VISIONのイノベーションの大きな柱は、①エアレス ②コネクテッド ③3Dプリンティングの活用 ④100%持続可能原料(すべて再利用できること、または生体材料を使っていること)の使用であり、この4つを最終的に実現することを目指しています。

csr image 02

csr image 02

UPTIS(アプティス)

VISIONを目指す第一ステップとして、乗用車向けの新世代エアレスタイヤ「MICHELIN UPTIS Prototype(ミシュラン アプティス プロトタイプ)を2019年に発表しました。ミシュランはゼネラルモーターズとアプティス プロトタイプを共同研究開発し、早ければ2024年に実用化する予定です。

csr image 03

csr image 03

MOVIN’ON(ムービング・オン)サミット

2017年よりカナダ モントリオールで、持続可能なモビリティをテーマに産学官民で情報交換をする世界サミット「MOVIN’ON」を企画し、幅広い分野の持続可能なモビリティプレイヤーと協働しています。
持続可能なモビリティを実現するため、ミシュランは2048年までに、原材料の80%に持続可能な原料を使用してミシュランタイヤを製造し、世界中のタイヤを100%リサイクルするという2つのコミットメントを発表しています。

ミシュランのCSR・CSV活動

新型コロナ危機対応

マスクとフェイスシールド生産

ミシュランは、世界的な新型コロナウイルス感染拡大抑制のため、2020年4月、欧州の10拠点でマスクと防護フェイスシールドの生産を開始し、事業展開する国々の医療機関や従業員に提供しました。
この他にも、行政や業界団体と連携を図りながら、人工呼吸器、医療機器部品、医療用クッション、手の消毒剤などの生産プロジェクトを実施しました。

csr image 04

csr image 04

csr image 05

csr image 05

使い捨てマスク
欧州10拠点で、毎週40万枚生産(2020年4月)

csr image 06

csr image 06

再利用可能マスク
500万枚生産(2020年6月末迄予定)
洗浄可能で交換可能なフィルターにより100回まで使用可能で、500万枚は使い捨てマスク5億枚に相当

群馬県太田市にマスク寄付

2020年4月、日本ミシュランタイヤ㈱は、研究開発拠点を置く太田市に2,000枚のマスクを寄付しました。

csr image 07

csr image 07

クラブミシュランで「ミシュランガイド掲載店のテイクアウト」無料公開

2020年4月、 日本ミシュランタイヤ㈱は、㈱ぐるなびと共同運営する会員制ウェブサイト「クラブミシュラン」で、テイクアウト可能なミシュランガイド掲載店を紹介する特設ページを無料公開し、通常営業が困難となった飲食店の応援、外出を自粛している消費者を支援しました。

csr image 08

csr image 08

「Smile Food Project」を支援

シェフ・レストラン経営者の有志により立ち上げられた「スマイルフードプロジェクト」の趣旨に賛同し、最前線で働く医療現場の皆さまに、シェフの気持ちが込められた栄養バランスに配慮した料理を無償で届けるための活動を支援します。

csr image 09

csr image 09

持続可能な開発目標の達成をサポート

2015年国連本部で採択されたSustainable Development Goals(持続可能な開発目標、以下SDGs)は、持続可能な世界を実現するため、国連の加盟国が2030年までの達成に向け取り組むべき共通目標です。
ミシュランはグローバル企業として、主に以下の活動を通じて、SDGs達成への貢献に取り組んでいます。

csr image 10

csr image 10

日本の活動

エコ・ファースト企業として

日本ミシュランタイヤ(株)は2009年に、環境省が創設した「エコ・ファースト制度」※1において「エコ・ファースト企業」の認証を取得しました。以来10年間、省燃費タイヤなど環境対応型製品の市場投入の推進、トラック・バス用タイヤの“3R”※2の推進等により、環境負荷を低減する活動を行ってきました。その他、主に下記のような取り組みをしています。

※1 企業の環境保全に関する行動をさらに促進していくため、企業が環境大臣に対し、地球温暖化対策など自らの環境保全に関する取り組みを約束する制度
※2 Reduce:長寿命タイヤの投入、Reuse:タイヤの寿命を約25%延長させるリグルーブ、Recycle:使用する原材料を新品比約68%削減可能なリトレッド

ワンウェイプラスチック使用削減

海洋プラスチック削減は、SDGs達成のためにも喫緊の課題となっています。日本ミシュランタイヤ㈱は、社員一人ひとりが貢献できる環境保全活動として、ワンウェイプラスチックの使用を削減するため、以下を実施しています。

1. 社内のワンウェイプラスチックの使用を控える
2. 会議中のペットボトル飲料の使用をやめる
3. ロゴ入りマイボトルとエコバッグを社員に提供
4. 社内自販機のペットボトルをゼロに
5. 社内で提供・販売されるワンウェイプラスチック容器
(コーヒーカップ・レジ袋・ストロー・マドラー)を紙製・木製に変更

csr image 11

csr image 11

すべてのひとが夢を追える社会に

日本ミシュランタイヤ(株)は、一般社団法人SSP(Side Stand Project:障がいを負っても「オートバイに乗る」という夢をサポートする支援団体、代表理事 青木治親氏)をサポートしています。

csr image 12

csr image 12

災害時のタイヤ寄付

日本ミシュランタイヤ(株)は、地震や台風など自然災害で被災された地域住民の移動手段確保、コミュニティ形成・維持のため、全国から寄付によって集められたタイヤを日本カーシェアリング協会を通じて無償提供しています。

csr image 13

csr image 13

教育ボランティア

日本ミシュランタイヤ(株)は、社員が地域社会と支え合い学び合うボランティア活動を奨励しています。
将来を担う子どもたちが環境問題に興味を持ち、積極的に関与するきっかけとなるようなフォーラム、体験型プログラムやワークショップに、ボランティアとして参加しています。

科学館の講座で、子どもたちにタイヤの科学を様々な実験を通して分かりやすく説明しています。

◆向井千秋記念こども科学館 科学クラブ 発展コース

環境学習支援を目的とするイベント等で、子ども大人も楽しめる、タイヤにまつわる体験型ワークショップを実施しています。

csr image 14

csr image 14

csr image 15

csr image 15

産学官民実施の環境イベントに出展し、子どもたちが持続可能な未来を安心して迎えられるために、リグルーブの実演、低転がり抵抗タイヤの実験などを通じて、ミシュランの環境に対する永続的な取り組みを紹介しています。

csr image 16

csr image 16

csr image 17

csr image 17

csr image 18

csr image 18

交通安全ボランティア

地域社会の交通安全意識の啓発や事故防止のため、みちの駅等で、空気圧点検と残溝の無料点検を実施し、交通安全を呼び掛けています。

csr image 19

csr image 19

csr image 20

csr image 20

スポーツボランティア

地域密着活動の一環として、マラソン大会などスポーツイベント運営をサポートするスタッフボランティアとして協力しています。

csr image 21

csr image 21

csr image 22

csr image 22

清掃ボランティア

地域社会の自然や本社ビル在籍法人が参加する清掃ボランティアに参加しています。

社員の感想:「清掃ボランティアに参加してみると、人通りの多い道路なのにゴミが多いことに改めて驚かされます。空きカン、空きビン、壊れたビニール傘、特に煙草の吸い殻は至るところに捨てられています。活動を通して自身が環境保全に貢献するとともに、通行している人達の環境への意識向上に役立つことになれば嬉しいです」

csr image 23 1

csr image 23 1

csr image 23 2

csr image 23 2

csr image 23 3

csr image 23 3

ミシュラングループの活動

ミシュランの事業内容や方針に沿い、グループの経営資源や専門性を活用し、世界中で課題解決に貢献する取り組みを展開しています。

csr sdgs icon 01

csr sdgs icon 01

天然ゴムを製造する合弁会社をインドネシアに設立し、森林伐採によって破壊された88,000ヘクタールの半分の土地に天然ゴム製造のためのゴムの木を植林し、残りの半分には自然環境を再生し現地で消費する作物を栽培しています。地域に16,000人以上の雇用を創出しました。

csr sdgs icon 02

csr sdgs icon 02

農業の生産性拡大に取り組んでいます。農業機械タイヤ用の独自技術「MICHELIN ウルトラフレックステクノロジー」を開発し、圃場の踏み固めを抑えることによる収穫量の増大と、作業者の身体の負担軽減に貢献しています。

csr sdgs icon 03

csr sdgs icon 03

交通事故による死傷者を減らすため、多面的な取り組みを実施しています。研究開発においては、摩耗末期まで高い性能が維持できる製品開発を探求しています。交通安全意識を改善するため、世界中でイニシアチブを執っています(スクールバス運転手向けトレーニング、バイクユーザーにヘルメットの配布、家族向け交通安全デーの実施など)。従業員がボランティアで地域の交通安全活動に積極的に関与しています。

ミシュランは、安全衛生宣言において、「何よりもまず、グループ内で働くすべての人が健康で安全であることが重要」と断言しています。 2017年の社員満足度調査では、従業員の84%が、ミシュランは他の目的(コスト、期限など)を達成するため従業員の安全を損なうことは決してない、と回答しています。


有害な化学物質(すべての製品と製造に使用される物質、製造排出物に含まれる汚染物質、アスベスト使用など)に配慮が必要です。タイヤの摩耗によって生じる粒子が環境や人間へ及ぼす潜在的な影響に対処し、揮発性有機化合物の排出に関しても削減目標を設定しています。ボイラーの排出(NOxおよびSOx)および廃水の排出を制限し、土壌汚染を防止するためのアクションを採っています

csr sdgs icon 04

csr sdgs icon 04

ミシュラン企業財団による慈善活動およびコミュニティエンゲージメントプログラムを実施しています。
初等教育を受けられない子どもたちの学校教育と、若者にキャリアへの関心を喚起する活動を実施しています。

csr sdgs icon 05

csr sdgs icon 05

ミシュランは、2020年までに管理職の30%を女性にするという目標を設定しました。 2017年は7年連続で、世界中の事務職、技術者、管理職、マネージャーの3分の1を女性が占めました。グループのCEOがサポートするネットワーク「Women Forward」では、トレーニング、コーチング、メンタリング、共同開発を提供しています。特に販売と製造における女性雇用の研究も進めています。

csr sdgs icon 06

csr sdgs icon 06

すべての産業用地で水質管理しています。水のリサイクルや再利用システムを逐次改善しています。
ミシュランは、水使用を含む産業活動の環境への影響を削減する目標を設定しています。2010年以降、生産されたタイヤ1トンあたりの水の使用量は27%減少し、2017年の水使用量は2010年と比較して780万m3削減されました。

csr sdgs icon 07

csr sdgs icon 07

ミシュランは、再生可能エネルギーの割合を増やすために、サイトへの再生可能エネルギー生産設備の設置、水素モビリティソリューションの開発という2つの分野で取り組みを実施しています。クリーンエネルギーの研究と技術へのアクセスを促進する国際協力を強化し、エネルギーインフラとクリーンエネルギー技術への投資を促進します。ミシュランは、企業が単独で気候変動と戦うことはできないと考えています。未来の持続可能なモビリティを創出するには、さまざまな輸送プレーヤーとパートナーシップを組み相乗効果を生み出す必要があります。ミシュランは、気候変動に関するCOP(締約国会議)への広範な関与、MOVIN'ONサミットで新しいモビリティエコシステムの開発、Open Labによる革新的なアイデアの促進により、統合的な役割を果たしています。

csr sdgs icon 08

csr sdgs icon 08

天然資源に対するタイヤの影響をライフサイクル全体で改善する必要があります。ミシュランは、資源のより良い使用を促進するために4R戦略:Reduce, Reuse, Recycle, Renew で働きかけます。タイヤの転がり抵抗を減らすことは、車両の燃料消費量を削減し汚染物質(NOx、SO2など)の排出、使用段階で発生するCO2排出削減に貢献します。長寿命タイヤ・タイヤの耐久性向上は、原材料の効率的な使用にもつながります。タイヤのライフサイクルを分析して、製品設計段階から環境への負荷を軽減(または排除)しています。ミシュランは、環境に責任ある製品を提供するために、研究開発に大きな長期投資を行っています。ミシュランはタイヤ寿命全体で2010年比で、30億リットルの燃料を節約し、CO2排出量を800万トン以上削減しました。

csr sdgs icon 09

csr sdgs icon 09

ミシュランは、天然ゴムの責任ある管理や生体材料の使用を通じて、乗用車・トラック用エコタイヤや再生タイヤの世界的リーダーとして、循環型経済に根ざした持続可能なモビリティ戦略を実施しています。クリーンで環境に優しい技術と産業プロセスの採用を拡大し、タイヤ産業に対するビジョンを表明しています。

csr sdgs icon 10

csr sdgs icon 10

年齢、性別、障害、人種、民族、宗教、経済的またはその他の地位に関係なく、すべての社会的、経済的、政治的包摂を強化し促進します。ミシュランは、多様性を育成するための目標と指標達成を毎年確認しています。管理職に占める女性の割合を30%(2017年26%)に増やし、成長市場では地域のトップマネージャーの割合を80%(2017年74%)に増やします。 2006年、ミシュランは、障害のある人々の雇用に関する方針を定義しました。障害のある人の雇用割合を課している国では、最低限その基準を超えた雇用を達成します。

csr sdgs icon 11

csr sdgs icon 11

世界の文化および自然遺産を保護するための取り組みを強化します。2014年に設立されたミシュラン企業財団は、スポーツと健康、コミュニティと教育、環境保護、文化と遺産の5つの問題に取り組む革新的で質の高いプロジェクトをサポートしています。 2017年には、78のプロジェクトに1,300万ユーロの財政支援を提供しました。すべての人々、特に脆弱な状況にある人々(女性、子ども、障害者および高齢者)のニーズに注意を払い、安全で持続可能な交通システムへのアクセスを提供します。公共交通機関を拡大することにより、交通安全を改善します。2030年までに、大気の質や廃棄物管理など、都市環境への悪影響を減らします。持続可能な開発のための世界経済人会議のメンバーとして、ミシュランは「SIMPlify」プロジェクト(旧「持続可能なモビリティプロジェクト」)にも参加しています。
グループはオープンイノベーションにも関与しています。ミシュランのMovin'On Labsは、大企業、新興企業、国際機関、企業および学術研究センター、コンサルタント、ヨーロッパおよび北米の専門家を含む200を超えるエンティティを集めて、実用的なイノベーションとソリューションを推進しています。

csr sdgs icon 12

csr sdgs icon 12

2030年までに、予防、削減、リサイクル、再利用を通じて、原材料の削減と製造時に発生する廃棄物を大幅に削減します。ミシュランは、持続可能な消費に対し長期のコミットメントを表明しています。資源を節約するためリトレッドを提供し、より少ないリソース(原材料とエネルギー)を消費し、同じ安全性能と他の性能の改善さえ提供しながら、より長寿命の、軽量で燃料効率の良いタイヤを製造しています。
原材料やその他の購入プロセスは、グローバルネットワークからのサポートを受け、各地域で調整されています。購買チームのトレーニングプログラムには、すべての購入者、技術仕様起案者、主要な内部グループパートナー向けの「持続可能な購入」に関する必須モジュールが含まれています。また、オンライントレーニングモジュールも開発されており、倫理綱領および腐敗行為防止規範によって定義された倫理規則を遵守しています。

csr sdgs icon 13

csr sdgs icon 13

気候変動を防ぐための取り組みを支援しています。 2050年までにCO2排出量を50%削減し、専門知識とイノベーションにより長距離電気自動車を開発し、製品とサービスを人とモノの新しいモビリティの形に統合します。ミシュランは、パリ協定の実施において非政府組織の声を聞くために2015年COP21中に結成されたPPMC(モビリティおよび気候に関するパリプロセス)のメンバーとして、国際レベルで持続可能なモビリティにもコミットしています。このプラットフォームは、ミシュランチャレンジビバンダム/ Movin'OnサミットおよびSLoCaT(持続可能な低炭素輸送に関与する国連機関、NGO、多国間開発銀行のグループ)の共同イニシアチブで作成しました。パリ協定は、2050年までに「ゼロエミッション」経済の目標を設定しました。これは、世界の気温上昇を産業革命前のレベルより2℃に制限するという目標に沿ったものです。

csr sdgs icon 14

csr sdgs icon 14

海洋プラスチック汚染への対策として、ワンウェイプラスチックの使用を削減するため、サイト内のワンウェイプラスチックの使用を控え紙製・木製に変更する、ペットボトル飲料の使用をやめるなどの取り組みを実施しています。

csr sdgs icon 15

csr sdgs icon 15

森林破壊を止めるため、森林の持続可能な管理を促進し、劣化した森林を回復させ、植林と再植林を大幅に増やします。ミシュランは、世界の持続可能な天然ゴム生産を促進するために、世界野生生物基金(WWF)とのグローバルな協力協定を策定しています。グループは、インドネシアの合弁事業の一環として、スマトラ島とボルネオ島で進行中の植林プログラムにも関与しています。ミシュラン企業財団は、インドネシアのWWF啓発プログラムに資金を提供しています。地元の利害関係者を環境問題に関与させ、森林保護の必要性を啓蒙しながら開発を促進することを目指しています。2030年までに、砂漠化、干ばつ、洪水の影響を受けた土地を含む劣化した土地と土壌を復元する取り組みも進めています。

csr sdgs icon 16

csr sdgs icon 16

子どもに対する虐待、搾取、人身売買、あらゆる形態の暴力と拷問を終わらせます。
グループは、人権侵害に加担することを避け、強制労働およびあらゆる形態の児童労働の排除に努めています。ミシュランは、国際労働機関(特に児童労働、強制労働、差別の防止)の基本的な条約とOECDの多国籍企業向けガイドラインを認識することにより、国際人権法の促進を目指しています。2017年に、法定労働年齢の見直しを含む児童労働の詳細な調査、および雇用の潜在的なリスクを分析するため人権影響調査を実施しました。この調査の結果は、ミシュランが直接管理する業務における児童労働のリスクが低いことが示されました。
あらゆる腐敗と贈収賄を大幅に削減します。2010年、ミシュランは、腐敗防止に関連するルールとガイドラインを正式化しました。 2015年、グループは明確で実用的な腐敗防止行動規範を開発し、経営者と従業員の腐敗行為につながるリスクのある行動に対する認識を高めました。これには、贈収賄や違法な手数料、代理店や仲介業者の使用、慈善および政治献金、贈答品や招待状などの事例が含まれます。この行動規範は、現地の法律および従業員代表機関の協議手順に従って、すべての地域に展開されています。また、グループは倫理委員会を設置し、年に2回会議を開催して違反を分析し、ルールとプロセスを修正しています。

csr sdgs icon 17

csr sdgs icon 17

持続可能な開発のためのグローバルパートナーシップを強化し、すべての国、特に発展途上国におけるSDGs達成を支援するために、専門知識、技術、資金、資源を共有します。パートナーシップの経験と人材調達戦略に基づき、効果的な産学官民のパートナーシップを奨励および促進します。
2010年以降より一層、持続可能なモビリティに取り組んでいるミシュラングループは、国連グローバルコンパクトとその10原則に参加しています。これらの原則とは、自発的な国際的関与、国際ベンチマーク、行動と対話のプラットフォームを表しています。持続可能なモビリティは、グローバルな持続可能な開発プログラムの重要な部分で、健康、雇用、文化の鍵となる成長をサポートします。持続可能なモビリティを実現するには、政府の支援を必要とします。ミシュランとNGOのグループは、COP21期間中の輸送部門の声を増幅させるために、2015年モビリティと気候に関するパリプロセス(PPMC)を設立しました。PPMCは、2050年までに交通機関を変革するためのグローバルなマクロロードマップを開発しました。

You are using an unsupported web browser
本ウェブサイトではサポートされていないウェブブラウザをお使いのようです。一部の機能が正常に作動しない場合があります。閲覧中に動作が不安定になる場合があります。このウェブサイトを最大限活用していただくため、以下のブラウザのいずれかを使用していただくか、アップグレードまたはインストールしてください
IE
firefox 66+
chrome 72+
edge 17+
safari 12+
opera 58+