最近チェッ
クしたもの
!

履歴ツールボックスにようこそ

お客様に快適にご利用いただくため、以前の検索から重要な情報を保存しました。

???private_mode_title???

???private_mode_text???

前回表示したタイヤ

閲覧した最後のディーラー

前回の検索

ミシュランのテクノロジー

ミシュランは以前より、できるだけ環境に及ぼす影響が小さいタイヤを設計することを重視してきました。この取り組みは、「ラジアルテクノロジー」と「グリーンXテクノロジー」という2つの大きな技術革新により実証されています。

1946年 ラジアルテクノロジー

ラジアルテクノロジーにより、転がり抵抗の著しい低減とそれに伴う燃料消費の抑制、さらにタイヤライフの向上など、タイヤ性能は大きく向上しました。 ミシュランは1946年にこの技術の特許を取得しました。
5年後の1951年、ル・マン24時間耐久レースにおいてミシュランのラジアルタイヤを装着したランチアB20が優勝し、ラジアルタイヤの優位性が証明された歴史的なレースとなりました。

1992年 グリーンXテクノロジー

トレッドのコンパウンドへシリカ(二酸化珪素)を配合することで、車のトラクションに必要なエネルギー量を低減する上で、大きな前進を果たしました。
転がり抵抗を少なくしようとするとグリップや摩耗性能が犠牲になるというのがそれまでの考え方でした。それを打ち破る技術がグリーンXテクノロジーです。

タイヤの転がり抵抗

タイヤの「転がり抵抗」とは

タイヤが転がると接地面が変形し、クルマの乗り心地をよくしたり走ったりするために必要なグリップを生み出します。しかしその一方で、タイヤの材料であるゴムのコンパウンドが元の形に戻ろうとする時にエネルギーの損失を生じ、一部は熱となってタイヤの温度をあげてしまいます。このエネルギーの損失が「転がり抵抗」 です。

理想はグリップを保ちながら燃費低下の要因となる「転がり抵抗」を抑えることですが、その両立は難しい課題でした。


省燃費と優れたタイヤ性能を両立させる素材。それがシリカです。

グリーンXテクノロジーを採用しシリカを配合したグリーンタイヤを開発しました。1993年、省燃費を向上させたグリーンタイヤ第1号「MXGS」が日本で発売されました。この技術によって登場したグリーンタイヤは、転がり抵抗が大幅に低減されているのが特徴でした。

省燃費と優れたタイヤ性能を両立させる素材。それがシリカです。

トラック&バス用タイヤ

ミシュラン 3R

MICHELIN X One

リグルーブ

「リグルーブ」とは、摩耗が進んだタイヤに再び溝を刻む技術のこと。 施行することでタイヤの走行寿命が最大25%伸び、省資源化が可能になります。

結果的に廃棄されるタイヤの数を減らし、環境への負荷を少なくできます。

また、摩耗が進んだタイヤは、トレッドブロックの変形が少なくなることから発熱が抑制され、転がり抵抗が低減することで燃料消費率を改善します。「リグルーブ」は、この省燃費効果を発揮できる期間を長くする効果もあります。

トラック&バス用タイヤ