最近チェッ
クしたもの
!

履歴ツールボックスにようこそ

お客様に快適にご利用いただくため、以前の検索から重要な情報を保存しました。

???private_mode_title???

???private_mode_text???

前回表示したタイヤ

閲覧した最後のディーラー

前回の検索

2016/01/21

日本ミシュランタイヤ、
「ミシュランガイド富山・石川(金沢)
2016特別版」6月3日発売決定!

会員制公式サイト「クラブミシュラン」では先行公開

日本ミシュランタイヤ株式会社(東京都新宿区 代表取締役会長:ベルナール・デルマス、以下ミシュラン)は、「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」を2016年6月3日(金)に刊行することを発表いたしました。

「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」の対象エリアは富山県および石川県全域です。ミシュランの社員であるミシュランガイドの調査員達は、2014年秋頃から本格的に富山県、石川県の飲食店・レストランと宿泊施設を匿名で訪れ、一般の顧客と同様に食事し、サービスを受け評価を行っています。そのうち、独自の基準でミシュランが選出し、読者の皆様に自信をもっておすすめしたい施設を集め、「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」として発行する予定です。

昨年4月にオープンしたミシュランガイドの会員制公式ウェブサイト「クラブミシュラン」では本の刊行に先駆けて公開されます。公開のタイミングは追ってお知らせします。

日本ミシュランタイヤ株式会社 代表取締役会長のベルナール・デルマスは、「富山県、石川県は雄大で美しい自然や古くから育まれた独特の文化により、国内外の多くの観光客を魅了しています。また、富山湾など日本海の新鮮な海の幸、加賀野菜、能登野菜など珍しい名産品も数多く、食もこのエリアを訪れる楽しみの一つだと思います。2015年 3月の北陸新幹線、長野-金沢間開通で首都圏からのアクセスが向上し、国内外の観光客により一層注目される地域と言えるでしょう。そのようなエリアで新たなミシュランガイドを今年6月に発行できることを大変嬉しく思います。本ガイドが、富山県、石川県で長年にわたり育まれてきた地域の魅力を発信し、読者の方々にさらに関心を持っていただくきっかけとなれば幸いです。」と述べました。

発売概要

タイトル
ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版
発売日
2016年6月3日(金)
価格
本体2,600円+税、(税込2,808円)
ISBNコード
978-4-904337-14-1
発行
日本ミシュランタイヤ株式会社
ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版
©MICHELIN

「クラブミシュラン」概要

アドレス
http://clubmichelin.jp
(PC&スマートフォン対応)
主な機能
ミシュランガイド掲載店の閲覧・検索、ブックマーク機能、専門のスタッフによる、セレクション案内、予約代行コンシェルジェ、店舗情報メール送信機能、地図閲覧・印刷機能、など
価格
年間3,240円(税込)~
もしくは、月額324円(税込)~
※書籍購入者は年間2,160円(税込)
掲載ガイド
2016年1月現在
  1. ミシュランガイド東京2016
  2. ミシュランガイド京都・大阪2016
  3. ミシュランガイド兵庫2016特別版
  4. ミシュランガイド奈良2016
  5. ミシュランガイド横浜・川崎・湘南 2015 特別版
  6. ミシュランガイド福岡・佐賀2014特別版
  7. ミシュランガイド広島2013特別版
  8. ミシュランガイド北海道2012特別版
*地方版に関しても随時見直しを行っています。
クラブミシュラン
©MICHELIN/GURUNAVI

※画像はミシュランWEB サイト・メディアセンター/報道関係者専用メニューのフォトライブラリー(https://nihon.michelin.co.jp/media_center/)よりダウンロードしていただけます。これらのミシュランガイドの表紙画像のご掲載時には“©MICHELIN”、「クラブミシュラン」のトップ画面画像には“©MICHELIN/GURUNAVI”と表記願います。

※このリリースに掲載した画像デザインは、発売時に変更になる可能性があります。

ミシュランガイドについて

最初のミシュランガイドは、1900年8月に発行されました。当初、運転手のために作成されたこのガイドには、タイヤの使い方と修理方法、市街地図のほか、ガソリンスタンド、ホテルと自動車修理工場のリストなどの実用的な情報が満載されていました。ミシュラン兄弟が目指したのは、自動車の活用を促進し、ひいてはタイヤ市場を発展させていくために、旅をより安全で楽しいものにすること、つまり、モビリティを向上させることでした。これは現在もミシュランの地図、ガイドなどの各種刊行物に共通の目標になっています。 ミシュランは毎年、全世界の90ヶ国を超える国々で、約1,000万部以上の地図、旅行ガイド、レストラン・ホテルガイドを発行しています。

ミシュランについて

11万2,300人の従業員を擁し、170カ国以上で事業を展開するミシュランは、タイヤ製造の世界的なリーダーです。持続可能なモビリティの向上を常に追求し、五大陸17カ国の68カ所の製造拠点で、航空機、自動車、自転車、建設用機械、農業用機械、トラック、モーターサイクルなどのあらゆる種類のタイヤを製造し、販売しています。また、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図、ロードアトラスを発行するとともに、電子モビリティサポートサービスの ViaMichelin.comを提供しています。研究開発は、ヨーロッパ、米国と日本(群馬県太田市)にあるテクノロジーセンターで行っています。

日本のミシュランについて

ミシュランの日本における歩みは、1964年、浜松町・羽田空港間に新設されたモノレールへのミシュランスチールラジアル“X”タイヤの採用から始まりました。日本ミシュランタイヤは、日本とアジア向けの乗用車用タイヤの研究開発を担うとともに、モーターサイクル用、乗用車・ライトトラック用、トラック・バス用から、航空機用、建設機械・農業機械用まで、幅広いレンジのタイヤを取り扱い、ガイドブック事業、ライセンス事業も展開しています。