最近チェッ
クしたもの
!

履歴ツールボックスにようこそ

お客様に快適にご利用いただくため、以前の検索から重要な情報を保存しました。

???private_mode_title???

???private_mode_text???

前回表示したタイヤ

閲覧した最後のディーラー

前回の検索

2017/02/14
仏クレルモンフェランプレスリリース意訳

コンパニー・ジェネラル・デ・ゼタブリスマン・ミシュラン
2016年12月31日期末
2016年度期末業績


2016年:目標を達成し、販売量は前年比2.1%増加
通常業務による営業利益は2億3,500万ユーロ増の26億9,200万ユーロ
為替レートの変動による影響を除外した場合、
10億ユーロを上回るフリーキャッシュフローを達成
2017年:グループの2020年目標に向け、さらなる飛躍の年に

  • □ 販売量は市場水準を上回る2.1%の増加でした。
  •  ・ 乗用車・ライトトラック用タイヤは3%増、トラック用タイヤは1%増、特殊製品事業は1%減少でした。
  •  ・ 第4四半期では、グループの販売量は4.2%伸びました。乗用車・ライトトラック用タイヤが5%、特殊製品事業が6%伸びたことが一因です。

  • □ 営業利益は為替レートの変動による影響を除外した場合、売上高比で12.9%となり、2億3,500万ユーロ増の26億9,200万ユーロでした。
  • □ 価格ミックスの変更対原材料コストによる影響は、効果的なマネジメントにより1億5,900万ユーロのプラスでした。
  • □ 2012~2016年の競争力強化計画の目標である12億ユーロの利益を達成しました。
  • □ 年間で10億2,400万ユーロの力強いフリーキャッシュフローを創出しました。
  •  ・ 構造的なフリーキャッシュフローは1億2,800万ユーロ改善し、9億6,100万ユーロでした。
  • □ 2015~2016年の株式買戻しプログラム7億5,000万ユーロを完了しました。
  •  ・ 2016年に発行済み株式の1.8%にあたる3億100万ユーロを消却しました。
  • □ グループの株主へのコミットメントを反映して、配当性向36.5%となる1株当たり3.25ユーロの配当が2017年5月19日の年次株主総会に提案される予定です。

 

最高経営責任者のジャン=ドミニク・スナールは次のように発言しています。「2016年は当社の戦略的ロードマップにおいてすばらしい成功の節目となりました。市場水準を再び上回った当社の成長は、ミシュランのブランド力、たゆみないイノベーション、顧客サービスの品質向上、中間ラインの成功によるものです。テクノロジー・リーダーシップの価値を十分に生かせるよう設計した価格方針と、競争力向上への持続的なコミットメントにより、年初に発表した財務ガイダンスを達成できました。2017年もグループの2020年目標に向けた成長の1年となるでしょう。」


□ 今後の見通し
2017年のタイヤ市場は2016年後半のトレンドが続き、特に鉱山用タイヤ販売の増加が見込まれます。また、原材料コスト増により、約9億ユーロの影響が推計されています。これに対応し、ミシュランは価格連動制(スライド制)の対象となっていない事業においてしっかりとユニット別マージンを確保するために、価格管理を機敏に行っていく予定です。

ミシュランの2017年の目標は、グローバル市場トレンドに沿った販売量と2016年の数値以上の通常業務による営業利益(為替レート変動の影響を除外した場合)の増加、および9億ユーロを上回る構造的なフリーキャッシュフローを達成することです。

  (単位:百万ユーロ)   2016   2015
 売上高 20,907 21,199
 通常業務による営業利益
2,692 2,577
 通常業務による営業利益率
12.9% 12.2%
 乗用車・ライトトラック用タイヤ
および関連販売事業
13.1% 11.5%
 トラック用タイヤ
および関連販売事業
9.7% 10.4%
 特殊製品事業 18.6% 18.6%
 通常業務以外による営業利益(損失) 99 (370)
 営業利益 2,791 2,207
 純利益 1,667 1,163
 通常業務によるEBITDA(償却前営業利益) 4,084 3,934
 資本支出 1,811 1,804
 純債務 944 1,008
 負債比率 9% 11%
 従業員給付債務 4,763 4,888
 フリーキャッシュフロー1 1,024 653
 構造的なフリーキャッシュフロー2 961 833
 使用総資本利益率(ROCE) 12.1% 12.2%
 従業員総数3 111,708 111,681
 1株当たり利益(EPS) €9.21 €6.28
 1株当たり配当4 €3.25 €2.85

1 フリーキャッシュフロー:
営業活動による純キャッシュから投資活動による純キャッシュを控除したもの

2 構造的なフリーキャッシュフロー:
買収考慮前の、買掛金、売掛金および棚卸資産に対する原材料コスト変動の影響、および必要運転資本に対する年度末販売量の影響を調整後のフリーキャッシュフロー

3 年度末時点

4 2016年の配当は2017年5月19日の年次株主総会に提案される予定。