より安全な運転のために

覚えておくべきいくつかのこと。そして、あなたも知らなかったヒントがあるかもしれません!

乗用車 エディット より安全な運転のために 安全運転のヒント

乗用車 エディット より安全な運転のために 安全運転のヒント

雨の日を安全に走るには?

  1. 車を正しく操作できるよう、常に両手で運転しましょう。
  2. 速度を落としましょう:タイヤのトラクション性能が高まり、路面への接地性も良くなります。
  3. 他の車との車間距離を十分に取りましょう。
  4. 常に他のドライバーや周囲の危険性に気を配りましょう。単に危険な状況に対応するのではなく、危険を予測しましょう。
  5. 旋回前:ブレーキは旋回前に真っすぐな道でかけて、少しづつ旋回しましょう。旋回中にブレーキをかけないでください。スリップする恐れがあります。
  6. 旋回中:旋回前に速度を落とし、旋回中はずっと同じ速度を維持しましょう。
  7. 旋回中:ハンドルを突然動かさないようにしましょう。
  8. タイヤは月に1回点検しましょう:トレッドと空気圧が適正であることを確認してください。 
  9. 雨天時に最大のグリップ力を発揮するタイヤを選びましょう。

Oversteering and Understeering

スリップを避ける

スリップとは:

リアタイヤまたはフロントタイヤが、ステアリングの向きに従わないことです。

制御を回復する方法:

アクセルをゆっくりと緩め、車がトラクション性能を回復させるまで速度を落としてください。

スリップを避ける方法:

タイヤのメンテナンスのヒント

  • 月に1回空気圧を点検してください。
  • 月に1回トレッド溝の深さを点検してください - タイヤは排水するのに十分なトレッドが必要です
運転のヒント:
  • 雨天時またはウェット路面ではゆっくり走行しましょう。

Safety Tips for Wet Driving | MICHELIN®

雨天時のブレーキ

  • ウェット路面では、制動距離はドライ路面に比べて長くなります。
  • したがって、ドライ路面の場合よりもずっと早めにブレーキをかけましょう。
  • あなたの車と先行車との距離を二倍にしましょう。安全に停止するのにさらなる時間が必要です。

Oversteering and Understeering

旋回せずに前方にスリップした場合の対処法
 

前方へのスリップとは:

フロントタイヤがリアタイヤより先に、トラクション力を失ったということです。これをアンダーステアリングと言います。車が旋回に従わず、道路から完全に外れてスリップします。

制御を回復する方法:

アクセルをゆっくりと緩め、車がトラクション力を回復するまで速度を落としてください。

スリップを避ける方法:

タイヤのメンテナンスのヒント

  • 月に1回空気圧を点検してください。
  • 月に1回トレッド溝の深さを点検してください。

Oversteering and Understeering

旋回からスピンするのを避ける
 

スピンとは:

リアタイヤがフロントタイヤより先にトラクション力を失い、横滑りによる回転を始めます。

制御を回復する方法:
  • 前輪駆動の場合:加速して、必要に応じて、旋回とは逆方向にハンドルを切ってください。
  • 後輪駆動の場合:アクセルを緩め、スリップとは逆方向にハンドルを切ってください。
  • 4輪駆動の場合:スリップしている方向にハンドルを切ってください。トラクション力が回復したら、ハンドルを逆に切ってください。
スピンを避ける方法:

タイヤのメンテナンスのヒント

  • 月に1回空気圧を点検してください。
  • 月に1回トレッド溝の深さを点検してください。
  • タイヤが均一に摩耗するよう、定期的にローテーションを行っていますか?
  • 新しいタイヤを2本だけ購入した場合は、必ず車の後部に取り付けるようにしてください。
運転のヒント:
  • 極端な急旋回はしないでください。

Safety Tips for Wet Driving | MICHELIN®

ハイドロプレーニング現象を避ける

 

ハイドロプレーニング現象とは:

タイヤがスリップし、操舵、制動、加速に応じないということです。車はスリップやスピンを起こす可能性があります。
タイヤと路面の間にある水の排水が追い付かない場合に起こります。タイヤが路面との接触を失った状態です。

制御を回復する方法:
  • 急ブレーキは避けましょう。
  • 速度を落とし、トラクション力が回復するまで、アクセルをゆっくり緩めましょう。

ハイドロプレーニング現象を避ける方法:

タイヤのメンテナンスのヒント

  • 月に1回空気圧を点検してください。推奨される空気圧の30%未満になると、ハイドロプレーニング現象の危険性が大いに高まります。
  • 月に1回、摩耗とトレッド溝の深さを点検してください。トレッドの溝が深いほど、タイヤの排水性が高くなります。
  • 大きなぬかるみや水たまりに近づいたら、速度を落としましょう。

お問い合わせはこちら