乗用車 背景 conseil conduite hiver route winter max ヒント&アドバイス

夏タイヤ、ウィンタータイヤ、オールシーズンタイヤ: タイヤにはどんな種類がありますか?

夏タイヤとは?オールシーズンタイヤとは?ウィンタータイヤとは?タイヤの専門用語を正しく理解したり、あなたのニーズに一番合ったタイヤの種類を見分けることは少々難問です。今日、タイヤは3つの種類に分類され、それぞれに特徴や長所、短所があります。最適な選択をするためには、まず、タイヤの種類を理解しましょう。

さまざまな種類のタイヤ: 選び方

タイヤは車両と路面の唯一の接点であり、エンジンの出力を路面に伝達します。これにより、安定した走行と効果的なブレーキングを維持し、重量移動にも耐えて、衝撃を緩和します。つまり、タイヤは運転中のあなたを安全に守る要となるものです。だからこそ、様々な種類の中で最もあなたに合うものを見つけていただくことが非常に重要です。乗用車から四輪駆動車、SUVまで、すべての車両には適切なタイヤのサイズがあり、スピードインデックスやロードインデックス(荷重指数/LI)が定められています。また、最適な選択をするためには、お住まいの地域の気象条件やそれがタイヤのパフォーマンスに与える影響を考慮しなければなりません。

ck0xln8qd037f0po1ysi66q54 cclimate été 0 0 300 300 max

夏タイヤ(サマータイヤ)

タイヤは最も一般的なタイヤの一つであり、気温が7℃を上回れば、路面がドライでもウェットでも機能するように設計されています。

夏タイヤは、次の点で優れた成果を発揮するように設計されています。

  • ロードタイヤは快適性と燃費

  • 「SUPER SPORT(スーパー スポーツ)」タイヤについては、レーストラック上でのグリップ力と耐久性

短所: 路面が冷たくなると、性能が低下します。とりわけ、積雪路面には適しません。

ウィンタータイヤ

ウィンタータイヤは気温が7℃を下回ると性能を発揮するように設計され欧州で主流のタイヤです。特に低温下のでのウェット路面や積雪路面との相性が抜群です。短所: 気温が7℃を超えると、性能も低下し、騒音が生じます。そのため、夏には夏タイヤに交換しなければなりません。

cjz86jxhm0dz60ps1nqevqgxb car edito pneu voiture hiver michelin pilot alpin winter 0 83 500 321 max

cjzsjqve109iz0pnwsep0aqfs cc 0 32 500 440 max

オールシーズンタイヤ

近年、人気が高まっているのが、オールシーズンタイヤです。その理由はハイブリッドデザインであり、これにより夏タイヤやウィンタータイヤに比べて幅広い気象条件下で高い性能を発揮することができます。また、毎年、夏タイヤとウィンタータイヤを交換しているドライバーの方には、(走行条件が合えば)オールシーズンタイヤの方が1年を通じて使用でき、半年ごとに交換の必要がなくなります。

他の記事

You are using an unsupported web browser
本ウェブサイトではサポートされていないウェブブラウザをお使いのようです。一部の機能が正常に作動しない場合があります。閲覧中に動作が不安定になる場合があります。このウェブサイトを最大限活用していただくため、以下のブラウザのいずれかを使用していただくか、アップグレードまたはインストールしてください
IE
firefox 66+
chrome 72+
edge 17+
safari 12+
opera 58+