乗用車 背景 conseil conduite hiver route winter max ヒント&アドバイス

ウィンタータイヤとオールシーズンタイヤ: 違いは?

タイヤ選びは難しいもの。だからこそ、ミシュランがあなたをお手伝いします。冬が来て、路面の状態が変わり始めたら、夏タイヤではタイヤの走行性能が低下し始めます。そんな時、スタッドレスタイヤの他にもウィンタータイヤ、あるいはオールシーズンタイヤという選択肢もあります。では両者の違いは何でしょうか?ミシュランでは、あなたに最適なタイヤを見つけるための情報をすべて提供しています。

ミシュランのウィンタータイヤ、「ALPIN(アルペン)」:長所と短所

ミシュランのウィンタータイヤ、「ALPIN(アルペン)」は、+7ºC~-20ºCという気温帯で適切な走行性能が発揮できるように設計されています。このタイヤは、冷たく、雪が積もったウェットな路面に最適です。

このタイヤの唯一の欠点は、気温が7℃を超えると、ゴムが軟化し、タイヤトレッドが摩耗し始めて、性能が低下するため、ドライ路面やウェット路面でグリップ力の低下につながるということです。

そのため、冬にはウィンタータイヤを装着している場合は、気温が上がり始めたら、夏タイヤに交換してください。

cjz86wbj309qe0psclnft4h3x car edito conseil conduite hiver route winter max

cjzsjqve109iz0pnwsep0aqfs cc 0 32 500 440 max

オールシーズンタイヤ

一方で、オールシーズンタイヤは気温が-10°C から+30°Cまで対応可能なハイブリッドタイヤです。その特徴とは?オールシーズンタイヤは夏タイヤとウィンタータイヤ、両方の特徴を併せ持ち、一年中、どんな条件でも安全な走行を実現するタイヤです。7℃を超える気温では、ドライ路面でもウェット路面でも、オールシーズンタイヤの方がウィンタータイヤよりも優れたパフォーマンスを発揮するだけでなく、静粛性にも優れています。さらに、ハイブリッドタイヤは、夏タイヤとウィンタータイヤを使い分ける場合に必要となるタイヤ交換も不要で、時間と労力の節約につながります。

オールシーズンタイヤは雪道でも安全性と走行性を保証しますが、その効果はウィンタータイヤほどではありません。厳しい気象条件が想定される場合は、ウィンタータイヤが最適です。

cjzxuc6s80k560jmtfcmbe7nl eb002316 max

ウィンタータイヤか、オールシーズンタイヤか:あなたに最適なタイヤを選ぶためのヒント

タイヤを新しく購入する際には、あなたがどのような条件の下で車を運転することが多いかということを第一にお考え下さい。

定期的に積雪路面を運転したり、極寒の中を運転する方、冬場は立ち入りが困難になる場所(急斜面、未舗装など)にお住まいの方、あるいはそういった場所に行かなければならない方は、ウィンタータイヤがベストな選択肢です。

一方で、積雪路面を運転する頻度の少ない方(それほど雪が降らない地域にお住まいの方や、1年に2、3回程度、スキーリゾートに旅行される方)には、オールシーズンタイヤが最適です。これまでウィンタータイヤを使用されてきた方も、オールシーズンタイヤに替えるだけで、1年に2回のタイヤ交換がなくなり、時間と労力を節約することができます。 

You are using an unsupported web browser
本ウェブサイトではサポートされていないウェブブラウザをお使いのようです。一部の機能が正常に作動しない場合があります。閲覧中に動作が不安定になる場合があります。このウェブサイトを最大限活用していただくため、以下のブラウザのいずれかを使用していただくか、アップグレードまたはインストールしてください
IE
firefox 66+
chrome 72+
edge 17+
safari 12+
opera 58+