バイク バナー タイヤ選びの時期 サーキットでの空気圧に関する安全運転のヒント

サーキットでの正しい空気圧

優れたパフォーマンスを発揮するためには、正しい空気圧に調整する必要があります。(*) 推奨空気圧は取付けたタイヤの銘柄によって異なります。空気圧は必ず冷間時に調整してください :

フロントタイヤ:冷間時推奨空気圧(MINIMUM)(**)

リアタイヤ:冷間時推奨空気圧(MINIMUM)(**)

フロントタイヤ:温間時推奨空気圧( 6ラップ後)

リアタイヤ:温間時推奨空気圧( 6ラップ後)

MICHELIN POWER SLICK 2

2.1 BAR

1.5 BAR

2.4 BAR

1.7 BAR

MICHELIN POWER CUP 2 (***)

2.1 BAR

1.5 BAR

2.4 BAR

1.7 BAR

MICHELIN POWER CUP EVO (***)

2.1 BAR

1.5 BAR

2.4 BAR

1.7 BAR

MICHELIN POWER SUPERMOTO SLICK

1.8 BAR

1.6 BAR

2.0 BAR

1.9 BAR

MICHELIN POWER RAIN

ドライ

2.3 BAR

1.8 BAR

-

-

MICHELIN POWER RAIN

ウェット

2.4 BAR

2.2 BAR

-

-

MICHELIN POWER RAIN

ヘビーウェット

2.4 BAR

2.4 BAR

-

-

MICHELIN POWER SUPERMOTO RAIN

ドライ

2.3 BAR

1.8 BAR

-

-

MICHELIN POWER SUPERMOTO RAIN

ウェット

2.4 BAR

2.2 BAR

-

-

MICHELIN POWER SUPERMOTO RAIN

ヘビーウェット

2.4 BAR

2.4 BAR

-

-

MICHELIN POWER GP (***)

2.1 BAR

1.9 BAR

-

-

推奨空気圧(PSI)はこちらをご覧ください。

フロントタイヤ:冷間時推奨空気圧(MINIMUM)(**)

リアタイヤ:冷間時推奨空気圧(MINIMUM)(**)

フロントタイヤ:温間時推奨空気圧( 6ラップ後)

リアタイヤ:温間時推奨空気圧( 6ラップ後)

MICHELIN POWER SLICK 2

30.5 PSI

22 PSI

34.8 PSI

24.7 PSI

MICHELIN POWER CUP 2 (***)

30.5 PSI

22 PSI

34.8 PSI

24.7 PSI

MICHELIN POWER CUP EVO (***)

30.5 PSI

22 PSI

34.8 PSI

24.7 PSI

MICHELIN POWER SUPERMOTO SLICK

26 PSI

23 PSI

29 PSI

27.5 PSI

MICHELIN POWER RAIN

ドライ

33 PSI

26 PSI

-

-

MICHELIN POWER RAIN

ウェット

34.8 PSI

31.9 PSI

-

-

MICHELIN POWER RAIN

ヘビーウェット

34.8 PSI

34.8 PSI

-

-

MICHELIN POWER SUPERMOTO RAIN

ドライ

33 PSI

26 PSI

-

-

MICHELIN POWER SUPERMOTO RAIN

ウェット

34.8 PSI

31.9 PSI

-

-

MICHELIN POWER SUPERMOTO RAIN

ヘビーウェット

34.8 PSI

34.8 PSI

-

-

MICHELIN POWER GP (***)

30.5 PSI

27.5 PSI

-

-

タイヤウォーマーの使用にあたって

  • MICHELIN POWER SLICK 2、MICHELIN POWER CUP 2、MICHELIN POWER CUP EVO の各シリーズは短時間でウォームアップが完了するように設計されており、タイヤウォーマーの使用は必須ではありません。
     
  • タイヤウォーマーを使用する際は、加熱前に空気圧を調整し、上記「走行直前の空気圧」に合わせてください。
     
  • タイヤウォーマーを使用することで、実用空気圧に達する時間が短縮されます。ただし、タイヤウォーマーを使用しても、指定値よりも低い空気圧でスタートすることはできません。タイヤウォーマーの最大の目的は、最適な空気圧に達する時間を早め、走行前のウォームアップに要する時間を短縮することにあります。
     
  • タイヤウォーマーの温度設定は90℃とし、加熱時間は走行前の 1 時間以上としてください。
     
  • 寒冷時はタイヤウォーマーの温度を低めに設定し、高くしすぎないよう注意してください。温めすぎたタイヤは走行を始めると外気温にさらされ、冷却されていきます。それにともなってタイヤの性質が変化し、ライダーの感覚を狂わせることがあります。
     
  • MICHELIN POWER RAIN をタイヤウォーマーで加熱する際は、温度設定を40℃としてください。
     
  • ここに記載した空気圧はサーキット走行を想定したものです。公道を走行する場合は車両メーカーの推奨空気圧に従ってください。公道での使用を認められたサーキット走行用タイヤ、あるいはサーキット走行にも対応した公道用タイヤでサーキットを走行 、その後に公道を走行する場合には、必ず適正空気圧に戻してください。

(*) タイヤとリムの表面温度が環境温度と一致しており、ライディングの直前、またはタイヤウォーマーを装着する直前に測定した空気圧です
(**) タイヤウォーマーを使用する場合は、設定温度を90℃としてください
(***) サーキット走行後は一般道を走行する前に、必ず走行前の冷えている時に車両メーカーの指定空気圧に調整してください

You are using an unsupported web browser
本ウェブサイトではサポートされていないウェブブラウザをお使いのようです。一部の機能が正常に作動しない場合があります。閲覧中に動作が不安定になる場合があります。このウェブサイトを最大限活用していただくため、以下のブラウザのいずれかを使用していただくか、アップグレードまたはインストールしてください